世界のカジノニュース

ゲンティン・シンガポール会長、日本のIR参入に意欲と自信示す

2019/ 04/ 05

シンガポールでリゾーツワールド・セントサを運営するゲンティン・シンガポールのCEO、Lim Kok Thay氏は今月始めに公表された2018年度の年次報告冒頭の株主に向けたメッセージの中で「わが社の優れたバランスシートは、現在力を注いでいる日本でのIR参入の機会獲得に役立つだろう」「規制の厳しいシンガポールでのライセンス獲得の経緯や運営実績が、日本のIR参入競争において他社に先んじる材料となってくれるだろう」と、日本のIR市場参入への意欲と自信をのぞかせている。By Resocasi.com