世界のカジノニュース

シーザーズ、日本のIR参入レースから撤退を発表

2019/ 08/ 30

世界最大手のカジノオペレーター、シーザーズエンターテイメントは日本のIR参入レースから撤退することを発表した。同社はこれまでに大阪、横浜そして北海道苫小牧でのIR参入に関心を示してきた。トニー・ロディオCEOは「日本政府やビジネス・パートナーが今後の進行に関して重大な決定を行うタイミングを考慮してこの時期に決定を下した」としている。同社は2008年のレバレッジ・バイアウトによって多額の債務を抱えており、今年6月には筆頭株主のカール・アイカーン氏の意向を汲んでエルドラド・リゾーツへの85億8,000万ドル(約9,100億円)での売却が合意済みとなっている。 By Resocasi.com