世界のカジノニュース

カンボジア、国内全土のカジノ休業命令

2020/ 03/ 31

カンボジア政府は、コロナウィルスの感染拡大防止策として、4月1日の23:59をもって国内の全カジノ施設を休業とする命令を出した。カンボジア国内で営業するカジノの数は公表されなかったが、ロイター通信によると2019年12月時点では125件のカジノが営業、その多くはシアヌークビルに集中する中国人経営によるものだという。代表的なカジノ施設であるナガコープも政府の指示に従い休業するほか(ホテルは営業を継続するもよう)、タイとの国境でカジノを営業するドナコ・インターナショナルはタイ当局がカンボジアとの国境を2週間封鎖すると発表した後に、同社の経営するスター・ベガスカジノの休業や営業規模縮小を決定している。By Resocasi.com