世界のカジノニュース

ラスベガスサンズ、日本のIR参入を断念

2020/ 05/ 13

ラスベガスサンズが日本でのIR参入を断念する決定を下した。Bloombergが報じた内容によると、同社の幹部はIR整備法の一部を問題視していた。日本でのIR参入には1兆円を超える投資が必要とされる一方で、カジノライセンスの有効期間は10年とされており、マカオやシンガポールに比べても短かく、投資に対するリターンの回収が難しいとの判断に至ったという。アデルソン会長は「今は当社のエネルギーを他の機会に集中させるべき」とコメントしている。By Resocasi.com