世界のカジノニュース

サンシティ、マニラでの新カジノリゾートプロジェクトに間もなく着工

2020/ 06/ 20

マニラのカジノ施設の休業が続く中、サンシティのアルヴィン・チャウ会長は、先日発表された2019年度の年次報告書の中で、同社が投資するメトロ・マニラのエンターテインメント・シティ内のウェストサイド・シティプロジェクトの起工式を間もなく行う予定だと述べた。サンシティは先日、同プロジェクトに関わるフィリピン上場企業の持ち分を51.0%から74.42%に引き上げると発表している。
またベトナムでも、同社が投資するカジノリゾート「ホイアナ」の建設が進んでおり、年内にも内覧を実施、2021年のグランドオープンを目指すとしている。「ホイアナ」については、サンシティのグループ企業が先月、数十年のカジノライセンスを取得したと発表した。
また同社は、昨年のはじめに筆頭株主となったサミット・アセント・ホールディングスが運営するロシアのウラジオストクにあるカジノ「ティグレ・デ・クリスタル」でも第1期工事を年内に完了を目指すなど、
アジア各地でのIR開発に力を注いでいる。 By Resocasi.com