世界のカジノニュース

フィリピン、地方で一部カジノ再開、マニラでは試験的な営業

2020/ 06/ 29

フィリピンでゲーミングを統括するPAGCORは、オンラインメディアのGGRAsiaの取材に対し、メトロマニラから離れた場所にある4地区でカジノの営業再開が認められたと答えた。
ネグロス島のBacolor市、パナイ島南東のIloilo市、ミンダナオ島のサントス市、ルソン島北端のIlocos Nort州では、6月8日から定員の50%での営業が再開されたというが、公営カジノか民間か、営業を再開した軒数などについては不明。
マニラ首都圏のシティオブドリームス、オカダマニラ、リゾーツワールド、ソレアリゾート&カジノなどの大型の民間施設は3月中旬以来閉鎖されており、現在もマニラ首都圏で行われている政府のコミュニティ検疫に沿って6月30日までは休業を続けるとみられている。PAGCORの広報担当者の話では、マニラでは再開前に”試験的な営業"を実施しているが、これは営業再開後に生じると予想される技術的な問題を確認し対策を強化したり、厳格な安全衛生プロトコルを確立するためだという。By Resocasi.com