世界のカジノニュース

マニラ首都圏の隔離措置、7月31日まで延長へ

2020/ 07/ 16

フィリピンのドゥテルテ大統領は、7月15日まで延長されていたマニラ首都圏の隔離措置(GCQ)を7月末まで再度延長する案に合意した。当初、大統領はフィリピン大学から提案のあった、より厳格なコミュニティ検疫「MECQ」に戻すことに同意したが、閣僚や新型コロナ対応の責任者らの意見を受け入れ「GCQ」のまま、隔離措置を延長することとなった。しかし依然新型コロナの感染拡大が続いていることから、2週間後にはより厳格な「MECQ」が適用される可能性もある。
フィリピンではこのところ10日連続で1,000人以上の新たな症例が報告されており、その多くがマニラ首都圏で発生している。By Resocasi.com