リゾカジ カジノレポート

旅打ち夫婦紀行 「ブルガリア」 編

* ヨーロッパ 2009/ 11/ 30 Written by TAHARN

コメント( 0)

■ ブルガリア 「ソフィアのカジノ」



旅打ち夫婦、ブルガリアの首都ソフィアにやってきました。

ブルガリアというと日本でのイメージはヨーグルトと琴欧洲ぐらいでしょうか。



観光開発はまだまだですが、国内には多くの温泉があり、風呂好き日本人にはおすすめの国かと思います。物価もヨーロッパの中では比較的安く、治安も悪くありません。

スケジュールの関係で温泉めぐりは叶いませんでしたが、再訪したい国のひとつです。



ソフィアは人口約100万人とのことですが、市街地は閑散としています。

年寄りの姿ばかりが目立ちます。

市内にはこれといった見所はなく、宿に荷物を置いてすかさずカジノへ出動。



ソフィア市内にはテーブルゲームのあるカジノが数軒あります。

我々はソフィア鉄道駅近く、DEDEMAN HOTEL内にある「CASINO PRINCESS」へ。



24時間営業





使用通貨はブルガリアレフ(1レフ約68円)ですが、米ドル・ユーロをカジノ内の
 キャッシャーで簡単に両替できます。再両替時の為替差損もほとんどありません。





ヨーロッパのホテルカジノにしては比較的大規模





ルーレット、バカラ、ポーカー、BJとひととおり揃っています





BJは2台、MIN5レフ、6デッキオートシャッフル、NH、サレンダーあり

 SS17、DAS、DDは何でもあり





Aceのリスプリットはナシでした





午後早い時間だったためか、ポーカー客二人のみでしたが、全台稼動。

各テーブルでディーラーが手持ちぶさたそうにしています。



妻と二人でBJのテーブルを開けてもらいスタート。

30分ばかり一進一退が続いたところで、上手に中国人のオヤジが座りました。



「ああ・・・また鬼門のデタラメ中国人か・・・」



また嫌な予感は的中。BSまったく知らないオヤジです。



5・5、10・10をスプリット。A・Aはヒット。



ディーラーのピクチャーに9でサレンダー、などと失笑を禁じえないプレーで我々のペースを乱してくれます。オヤジが入って30分あまりでチップを半分失い撤退。



「BSのわかる日本人と楽しく打ちたいなあ・・・」



忍耐力を養う修行をさせてもらったソフィアでした。



このReportへのコメント(全 0件)

コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: