リゾカジ カジノレポート

やったディーラー22だぁ バーストだぁ! あれぇ??

* オーストラリア 2016/ 07/ 22 Written by kenken123

コメント( 2)

リゾカジ情報いつもありがとうございます。

今年のリゾカジは、オーストラリアです。
29年前に新婚旅行で行った東海岸を中心にリゾカジってきましたので、レポートさせていただきます。

今年も昨年同様、JAL SKY SUITE ファーストクラスを利用しました。
ファーストクラス利用といっても単に出張の多い普通のサラーリマンですので、JALでの優待を満喫し、ONE WORLD加盟カンタス航空のラウンジを利用し、コストをあまりかけずに私達なりの最高のリゾカジ気分を楽しみたいと思います。


《7月6日:大阪空港から成田空港を経由してシドニー空港へ 》

7月6日は私の誕生日です。
JALのCAの皆さんから、サプライズのお祝いを!!夜中に関わらずバースデーソングを歌っていただきました。
やっぱりJALのファーストクラスはいいものですね!!


《7月7日:シドニーからゴールドコーストへ  jupiters 》

QF860便でゴールドコーストへ。
10時35分に無事到着です。
カンタス航空は、アメリカの航空会社とは違って定時運行で有難いです。

到着後、まずはリゾートを満喫
まずはアウトレット「Harbour Town」へ行って買い物、サーファーズパラダイスで観光、「Le Porchetta」という店で夕食を取ります。

夜は当然、カジノを満喫します。
29年ぶりの「jupiters」です。

先ずはメンバーズカードを作成します。
ブースに行くと横に設置されているキオスク端末から基本情報を入力するようにと言われその後再びブースに戻り発行してもらいます。

ブラックジャックは、ミニマム20ドル、25ドル、50ドル、100ドルテーブルです。
20ドルと25ドル なんか中途半端な設定ですね・・・

「jupitets 21」というテーブルもありましたが、プレイしている人も少なく、ルールもよくわからないのでとりあえずパスします。

20ドルのブラックジャックのテーブルが中々空かないので、10ドルのカリビアンスタッドポーカーで1年ぶりのカジノを開始!!

ワンペア、ツーペア、スリーカードまで出て100ドルで結構遊べます。
楽しいです!!

10ドルのカリビアンスタッドポーカのテーブルは2台あります。
奥には、3カードポーカ、テキサスポーカと低いテーブルでよくわからないポーカーみたいなテーブルがあります。

25ドル、50ドルのミニバカラと100ドルのバカラのバカラエリアもあります。

20ドルのブラックジャックに空きができたので、参加します。
ディーラーが強くローカードを引きまくり、中々バーストしません。
ベットアップのタイミングでも中々勝てません。
そんな中、ディーラーアップカード「5」、私「Aと4」、当然ダブルダウンしますが、 できないと指摘されます。
ケアンズでやった時、確かにそんなルールでした。
ソフトの場合、ケアンズでは、ディーラーのアップカードが「5、6」、プレイヤが「Aと6」とか「 Aと7」の場合しかダブルダウンできなかったと記憶しています。
jupitetsでは、ソフトハンドの場合、ダブルダウンはできません。
※間違っていたのなら、ゴメンなさい。

プラス、ディーラーはノーホールドカードなので、ブラックジャックの長時間プレイは厳しです。

ミニバカラにも参加し、楽しいひと時は過ぎていきます・・・・



《7月8日:ゴールドコーストとjupiters》

早朝、ホテルで朝食を取り、海外沿いを散歩し、この日もショッピングに「Pacific Fiar」へ。
サーファーズパラダイスは、なんだか寂れてきているような・・・・
ゴールドコーストは、今、ブロードビーチ周辺が一番面白いエリアですか??

サーファーズパラダイスに戻り、奥さんの要望通り「Pancakes in Paradise」でパンケーキをお付き合いします。
※私は、ビールとハンバーガーですが・・・

夜は、「Alfresco」で夕食。
ゴールドコースでの最後のリゾートを満喫します。

そして夜は、カジノです!再び、jupitersへ。

金曜日なので満員で人で溢れかえっています。
ブラックジャックのミニマムも25ドルに上がっています。
でもバカラは、昨日は100ドルからしか絞れませんでしたが、この日は50ドルから絞れます。

カリビアンスタッドポーカでは、人だかりの中、中国人風のプレイヤーがカードをテーブル外の自分の体側に引き寄せ、ディーラーの言うことを聞かず言い合い、険悪な雰囲気です。
THE WHEELには大勢の人が集まって、盛大に盛り上がっています。
中国人はこの手のゲームが好きなようです。

ブラックジャックでは、他のプレイヤーが他のプレイヤーの「Pair」に賭けてきたり、後ろの外野からも賭けてきて、鬱陶しいです。
中々落ち着いてブラックジャックができる雰囲気ではありませんが、楽しいひと時を過ごします・・・・
ブラックジャック、カリビアンスタッド、ミニバカラ、バカラを楽しみました。

ゴールドコーストは、リゾカジを楽しめる素晴らしいリゾート地です!!


《7月9日:ブリスベンとTreasury》

ゴールドコーストを後にし、電車でブリスベンまで移動。


ブリスベンの素敵な街並みとクィーンズストリートをウィンドウショッピングと遅めの昼食。
夜は、Eagle Street Pierで夕食を取り、ブリスベンらしいさを満喫。
そしてリゾートモードを終了します。

夜は、カジノです。
Treasuryは、大阪市立図書館のような建物でjupitersと同じ系列のようです。

入り口向かって左側から入っていきます。
テレビデームカジノルーム、テーブルゲームルーム、バールームそして奥にスロットルームがあります。

土曜日とあってバールームは、ライブで大盛り上がり。

テーブルルーム奥、バールーム手前にミニマム10ドルのクラップスがあります。
一番端に空きがあったので参加、東洋人は、私と嫁だけです。
クラップスはまだあまり慣れていないので恐る恐るの参加ですが隣のオージーのおじさん、隣のディーラーもサポートしてくれます。
このオージーのおじさん、うちの嫁に自分のダイスの順番にサイコロを振れと誘っています。(断りましたが・・・)
陽気なこのカジノはとても楽しいです。

基本戦術は、WIN(PASS)LINEに10ドル、6と8のPLACE BETに12ドル、オッズに20ドルを賭けます。
というかこれしか知りません・・・

プレイヤもディーラーもみんな陽気で特にディーラー側は、プレイヤが勝つと喜んでくれます。
このようなカジノはとても楽しいものです。
しかし、いかんせん基本英語が話せないので、皆んなの盛り上がる会話の輪に入れず、日本人ひとりでは疎外感を感じ、プレイヤもいっぱいで賭けるのに一苦労です・・・
英会話の勉強が必要ですね・・・・

ブラックジャックは15ドルからあり、ディーラーがバーストすればプレイヤ同士のハイタッチ、ディーラーも喜んでいます(笑)
本当にいいカジノです。

jupitersよりこちらのカジノの方が私は好きです。


しかし、公衆便所のようなトイレだけは何とかしてほしいものです・・・

ブリスベンでのリゾカジを満喫し、夜は更けていきます・・・・・



《7月10日:メルボルンとCROWN①》

QF619便でメルボルンに移動します。

クィーンビクトリアマーケット、ロイヤルアーケード、ブロックアーケード、フリンダース駅周辺を観光します。
懐かしいです・・・
夕食を取り、リゾートを満喫します。

そしてこの日の夜も、当然カジノです。

昔には無かった、リバーサイドへ向かいます。
無料のトラムはリバー手前までなので、55番のトラムでFlinders Street駅まで行き、橋を渡ってCROWNカジノへ。
びっくり!! 凄い!! ラスベガスのような本格的なカジノがこんなところにあるとは!!
想像していたカジノとは全然違います。素晴らしいです!

先ずは、メンバーズカード作成しようとブースへ行くと、キャンペーン中なのか、アシスタントがつきっきりでタブレットを利用してカードを作成してくれます。
スロット、テーブルゲーム用の5ドルチケットと私は誕生日なので誕生日の人用のゲームと新規入会者用(?)のゲームをします。
すべてアシスタントがつきっきりでアテンド、説明をしてくれます。

平場のカジノは1階と2階にもあり、2階席の方が1階席よりもミニマムが低いです。
ディーラーもフレンドリーです。

2階席でBlackJackのだれも座っていない10ドルテーブルがあり、早速参加します。

ディーラのアップカード「5」、私は「12」でステイ。

ディラー 22 !!

やったディーラー22でバーストだぁ! あれぇ??
没収されます・・・・負けたようです・・・・

ボードをよく見ると「BLACKJACK PLUS」と書いてあります。
ここCROWNでは「CROWN BLACKJACK」が普通のブラックジャックのようです。  

やり始めたので、続けてプレイをします。
ディーラのアップカードがAに係わらず、BJになった時は2倍の配当、合計が21になった時点で配当、5枚引いて21以下の場合でも勝ちとなるようです。
最初は続けて勝てたので、結構面白いと感じました。

暫くすると、他のプレイヤが参加してきました。
ディラーのアップカードが2〜6でも、平気でヒットし続けます。
特にソフトハンドでは、ソフトの20、21以外はひたすらヒットしてきます。
5枚引いた時点で勝ちになるからなのか、ディーラは22でもバーストしないからなのか・・・
無茶苦茶です・・・
違和感を感じ、特にBSがわからないので、やっぱり止めることにします。

2階席で引き続きMIN25ドルのブラックジャックをやりながら、メルボルンの夜は更けていきます・・・・



《7月11日:メルボルンとCROWN②》

メルボルン2日目です。
この日はオプショナルツアーの「グレートオーシャンロード」に参加します。
写真では伝わらない自然の壮絶な景色に来て良かったなぁと思います。

19時30分過ぎにフリンダース駅に到着し、ランガムホテルのリバー沿いにあるバー&ダイニングのお店で夕食を取りリゾートは終了です。

さぁ!カジノです。
昨日と同様2階席

POKER WARという3カードポーカーの変則版のゲームがMIN5ドルであり、ディーラに教えてもらいながらプレイします。
しばらくして、ストレートフラッシュがきて100ドルチップが2枚きます。
低いカード(2〜5)がきて、5ドル追加してカードをチェンジをしても、チェンジ前のカードでストレートになったり、やはりプレイヤが1枚に対してディーラが2枚のカードを引いてのWARは圧倒的に不利です。
ストレートフラッシュの勝ち分を残し、ブラックジャック、大小、ルートッレトで遊びます。

メルボルンもリゾカジが満喫できる素晴らしい街です。
メルボルンはまた訪問したいポイントの高い街となりました・・・・



《7月12日:シドニーとTHE STAR①》

QF434便でシドニーへ移動します。
空港に早く到着したので、QF428便に変更してもらい、2時間前倒しでシドニー空港へ到着。
AIRPORT LINKでホテルに移動します。

先ずは、York Street、Queen Victoria Building アーケード、Town Hallで観光、昼食を取ります。

夜は、Captain Cook Cruisesのディナークルーズでシドニーの夜景を堪能します。
デッキは寒くて短時間しか出れませんが・・・・

これで本日のリゾートは終了。
Circular Quayで下船し、タクシーでTHE STARに向かいます。

夜は、カジノ!!
29年前には行けなかったTHE STARへ

ここでも先ずは、メンバーズカードを作成
作成後はブース横のゲームでゲームをし、15ドル当たります。
再びブースに戻り、スロットで遊べるチケットに交換し遊びます。

THE STARでは、スロット付近に日本人女性の係員がいらっしゃり、チケットでの遊び方を教えてくれます。
※メンバーズカードをスロットに差し込み、取り忘れてしまいました・・・残念・・・

ブラックジャックのミニマムは30ドル、40ドル、50ドルです。
10ドルのBLACKJACK CHALLENGEのテーブルがあります。

オーストラリアのカジノは変則的なブラックジャックが沢山存在するようです。
少し研究をしないといけませんね

一番奥には10ドルのクラップス台もあります。

先ずは、30ドルのブラックジャックで遊びます。
疲れも溜まってこの日はあまり集中もできず、なかなか勝てません

ルーレットで赤黒に賭けるも「00」が出て、この日はツキがないと思い、早々に退散します。



《7月13日(最終日):シドニーとTHE STAR②》

起きて、先ずはフィッシュマーケットへ
朝から、贅沢に海鮮料理を食べます。

その後オペラハウスへ行き、ハーバーで昼食を取ります。
手っ取り早くシドニー観光をするためにSydney Explorerの2階建てのハトバスに乗って観光をします。

The Rocksで下車し、観光をし、リゾート気分を満喫します。

ワインセンターにも立ち寄り、赤のスパークリングとお土産を購入します。

夕食は、THE STARにも行きやすいDarling HarbourのNick`s Seafoodで夕食をとり、最後のオーストラリアのリゾートを終了します。

夜はこの度最後のカジノへTHE STARへ橋を渡って歩いて向かいます。
昨日のリベンジです。

ブラックジャック、スロット、バカラを夜遅くまで満喫し、1年ぶりのカジノも終了します。

オーストラリアの東海岸のどの都市もリゾカジを満喫できる素晴らしい場所で、特にメルボルンのCROWNは、またすぐにでも行きたい場所になってしまいました。



《7月14日:帰国》

早朝、JAL772便で帰国します。
JALで森伊蔵の販売をしており2本購入できました。
ラッキーです。

長文になりましたが、以上です。
皆さんのリゾカジの参考に少しでもなれば幸いです。

皆様のリゾカジがすばらしいものでありますように!




このReportへのコメント(全 2件)

2016/07/23(Sat) 13:48

かぶ

おお、オーストラリアだ!
こないだまで『高田純次のセカイぷらぷら』でシドニー編を放送していて、かつ燃油サーチャージが下がったせいかJALも安くなったみたいで、ウチでもオーストラリア熱が高まっていたところです!
1週間でいろいろ回られたようで羨ましいです…。ウチでは3~4日で1都市かなあ(笑)。
今度行くときの参考にさせていただきますね!
(それにしても欧米クラップスは楽しそう…)


2016/07/23(Sat) 21:31

kenken123

かぶさん 

コメントありがとうございます。
クラップス、楽しくやってみたいです。
かぶさんとかクラップスの達人に一緒にプレイして場慣れしないと「楽しい!」という域までまだいかないです・・

そうですよね、移動し過ぎでした。
今度は、シドニー、メルボルンでゆっくりしたいと思います。

かぶさんは、今年もシンガポールですか?
ご一緒できる日を楽しみにしています!

そしてかぶさんのレポートも楽しみにしています!


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: