リゾカジ カジノレポート

ゲンティン再び

* アジア 2005/ 12/ 11 Written by リゾカジマスター

コメント( 0)

12月の頭に、4年半ぶりにゲンティンに行ってきました。しかし、まったく時間がなくて、インターナショナルマーケティング担当マネジャーへのインタビューだけでまったくプレイすることができませんでした。残念。

 そこで、日本人向けプログラムの詳細だけを確認してきました。さまよい人さんが、2月に行かれた時なかなかシルバーカードを発行してもらえなかったことへの回答も兼ねています。

 アジア最大、もしかすると世界最大ともいえるゲンティンなのに、日本人にはまったく知られていないのはなぜか?その理由は、マレーシアまでの距離(オーストラリアに行ける)、空港からゲンティンまで不便(1時間以上かかる)、あまりに馬鹿でかく人が多すぎる等々。そして何よりも、3年ほど前から日本人スタッフがいなくなったことが大きいようです。

 ご存知のように、ゲンティングループはスタークルーズ社を傘下に抱えていますが、日本市場(福岡釜山便)からの撤退以来、共同でおいていた日本事務所もなくなり、さらにゲンティン内の日本人担当者まで皆無になってしまいました。オフィシャルWEBサイトも英語しかないので、これでは日本人から縁遠いカジノになっても仕方がありません。

 しかし、さまざまなカジノ顧客向けプログラム、そこそこのレベルのショー・エンターテイメント(マイケル・ボルトンやケリー・チャンのコンサートなんかがも突然行われます)を見ていると、アジアの中ではもっとも楽しめるカジノであることは間違いないでしょう。

 デポジットに応じてさまざまなパッケージプログラムがあるのですが、ひとつだけ紹介しておきましょう。

●日本人向けプレミアホリデーパッケージ

<フロントマネー>
RM50,000(5万リンギット=約160万円)
※NNチップを5万リンギット分消化することが条件となります。ターンオーバーだとその倍が目安です。

<エアフェア>
RM1,600(約5万円)が与えられます

<部屋>
ゲンティンもしくはハイランズホテルの3泊分が無料

<食事>
4回分のエンペラーズコートでのバフェが無料

}<ゴルフ>
アワナゲンティンハイランズGCでの1ラウンド分が無料

<その他>
・空港⇔ゲンティン間のトランスファーは有償ですが、一般タクシー利用よりもかなり安いそうです)
・ゲーミングフロアは、もちろんVIPルームで可能(ただし、インターナショナルルームの下層フロアです)

 その他詳細は、ゲンティンに直接お問い合わせください。

 さて、ゲンティンの平場でプレイするのはいやだ、できればもう少し静かなVIPルームでという方はシルバーカード以上の会員にならなければなりません。その入会ですが、上記のようなプログラム利用が基本となりますが、マネジャーのOKがあれば問題ありません。

 その日本担当マネジャーは現在Mr.Tan Chye Boonさん、タン(陳)さんという方です。なんとか彼を呼び出せれば、入会もOKでしょう。「リゾカジドットコム」で知ったといえば、融通を利かせてくれるそうです。

 でも、それでも英語ができないのでだめだなあという方には、マレーシアでコンサルタントをやっているぼくの友人を紹介しておきましょう。お名前は、鵜子(うのこ)さん・・・桜リクルート社代表http://www.sakura-r.net.my/ この方は、まったくカジノとは関係のない方ですが、クアラルンプールで事業をされてる方で、タンさんをよくご存知の方なのでメールでお願いすれば、つなぎぐらいはやってもらえると思います。それ以上のお願い(例えば送迎とか、もっと好条件を引き出す交渉とか)は、さすがにビジネスレベルとして、個別に相談してみてください。アジア在住邦人としては抜群に信用できる方ですので(爆)、安心して相談いただけると思います。

メールアドレスは、unoko@sakura.net.my

 ちなみに、ゲンティンから帰る時、駐車場がわからなくなって30分以上迷いました。まさに迷路ですのでご注意を。それと、レストランのレベルはここ数年で格段に上がってるそうです。たしかに、おしゃれな店が増えていました。ぜひ次に行かれた方の感想をお待ちしています。



このReportへのコメント(全 0件)

コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: