リゾカジ カジノレポート

マニラでVIPルーム初体験

* アジア 2018/ 04/ 26 Written by ちろりん長兄

コメント( 4)

こんにちは、ちろりん長兄です。
4月のど平日にマニラに初めて行ったのでレポートします。
こちら旅行記編です。施設編は別途書きましたのでご興味があれば。

実は投稿は7年ぶり2回目でして、甲子園ならまぁまぁの強豪校ですがレポート的にはダメダメですね。
最近は海外出張のついででカジノをするシゴカジ(仕事&カジノ))がメインだったのですが、
溜まったマイルの有効期限が迫ってきたので、休みを取って初マニラに行ってきました。

旅の目的は、40歳を前にして新しい刺激を受けて若返ることで、カジノ的には下記を目標にしました。
・ローリングプログラムを初体験する
・ポーカールームに行く
・有名IRは全部回る
なお、リゾート面はちょっとここでは書きにくいので省略します。(もしかして::LA、江戸)
それではレポを。

■旅の概要
・日程:2018年4月 火曜-木曜のど平日3日間
・行先:マニラ@フィリピン
・航空:ANAビジネス! (マイル特典)
・宿泊:AG New World Manila Bay Hotel(旧ハイアット)
・為替:1ペソ=2.1円弱 ※なかなか円高でした。
・同行:悪友1名


■1日目
さすがにANAビジネスは快適でした。旅行のリゾート面の目的を見据えてアメニティの歯ブラシを大量にGetしたのは内緒です。

この時点ではローリングプログラムに申し込んでいなかったので、ホテルまではタクシー移動です。
東南アジアのUberはGrabに買収されたので初めてGrabりましたがUberと遜色なしでした。
マニラの室内でWifiに困ることは少ないですが、Grabるために使い捨てSIMを買うと便利ですよ。
数日なら空港で買える600ペソのもので十分です。

マニラですが空港周辺はともかく、市街の交通渋滞は極めてひどいので、
IR外に出かける際は気をつけてください。
悪いといわれる治安ですが、繁華街は一般的なアジアの都市と同じくらいの感じです。
摩擦を避ける国民性なのか、客引きなども一度断るとしつこくしてこなくて割と快適でした。

宿泊したNew Worldホテルは、やや狭いですがシャワー勢い良し、アメニティもしっかり、エアコンの弱がちゃんと弱いと合格点です。
日本人スタッフがいたり、現地で仲良くなった女性の出入り時にセキュリティがちゃんと仕事したりと快適です。

徒歩でマニラで有名な両替屋「エドゼン」へ。蒸し暑いです。
そのお金で軽くリゾートを楽しんで、とりいぞぎNew Worldのカジノをチェック。
なんか寂れています。2フロアーもいらないのでは・・・
肩慣らしにBJをプレイ。親A時のサレンダーなし、Aスプリットは2回までのまぁ、普通のルールですが、
ベガスのBJ勝が1.2倍という糞環境に比べれば天国です。
BS正答率90%な私、MIN300で1時間ちょっと打って-3500ペソ。
ここは、まぁ、こんなもんでしょうと切り上げて、夕食がてらOKADAホテルへ。

Grabりましたが、鬼のように渋滞して1時間。。。とはいえ200ペソ。安いなー。
OKADAホテルはど派手でなかなかインスタ映えします。私はインスタやっていませんが。
カジノを囲むようにレストランが点在していますが、広いので一回りすると軽く汗ばむくらいです。
結局、ビュッフェにしたのですが、これがアタリでした。
これまで経験したのカジノ併設のビュッフェで間違いなくNo1です。
種類も豊富だし一品一品がうまい。1800ペソはこの国では高級ですが、日本人にとってはかなり良いと思います。

食後、2時間だけと時間を切って平場でプレイ。悪友はルーレットへ。
私はMIN500のBJで1時間ほどでほぼイーブン。

その後、旅の目的のひとつである、ポーカーをしようとポーカールームを探し始めるも、
全然たどり着きません。。。結局VIPルームの隣にたどり着くのにウロウロすることに・・・
ようやくたどり着いたポーカールームはテキサスホールデムは1卓だけで200/500だけでした。
座っているのは白人とアジア人が半々。
最小バイイン20,000ペソで人生2回目のポーカースタート。
しかし、どうしようもなくハンドが悪く、4週して絵札すらほとんど見かけない。
当然Fold祭り、たまにBETしてもレイズされればFoldでほぼチップが半分に。
同卓の白人のジジイにプレイしないのか?とあおられる始末。
そこに舞い降りたAK!アーリーポジションでしたがレイズ5000。
するとさっき煽ってきたジジイがレイズ40000。なんてイヤな奴だ。
華麗にFoldして、次のブラインド前で帰ると宣言(T T)
迎えた最終ゲーム。Foldして帰ろうと荷物もまとめて中腰でカードを見るとAQs。
ジジイはすでにFoldしていたので中腰のまま最後の勝負に。フロップでQが出る僥倖もあり強気で押してかなり回収。
ここで帰ってマイナス3000ペソでした。
その後、江戸に寄ってリゾートを楽しんで初日終了。


■2日目
今日は旅の目的のひとつであるローリングプログラムをやる予定の日。
初体験でもあり、やはり英語だけだと何かと心配なのでOKADAにしようと決意しました。

まだ寝ている相方を残して、11時頃にOKADA Club到着。
日本人の販促氏にプログラムの説明を受けたり円をホールドしてもらったりして、50万ペソのプログラム開始。1.1%キャッシュバックでした。
バカラ自体ほぼ初めてなので、販促氏やディーラーに基本や絞り方を教えてもらう。
迷ったけどMIN10000ペソのスーパー6でいざ勝負だ!
所謂ツラは最悪で、2時間やって4目超えたのが3回だけでした。。。
ローリング1回転して手元にはたった30万ペソ。。。レートアップはほとんどしていないのにこの始末。
二度とバカラをやることは無いでしょう。

ちなみにブランチとしてミニバーガーと点心を食べましたが点心がめちゃくちゃうまくてお勧めです。
その後、4時間くらい平場でスロットを擦ったり、BJ、クラップスをやったりして退散。
宿泊先で相方と合流してマカティ地区の某繁華街に移動。(6時頃Grabったら渋滞で1時間半くらいかかりました)
夕食は通りの近くのCityGardenホテルに入っているミシガン料理屋(なぜ?)で取りました。
レストランは壁の無いセミオープンエアで、プールがあるので水着の女性がウロウロしていたりしてなんか良かったです。
その勢いで片っ端から通りの店をチェックして、ちょっと宿泊先のカジノでBJをしたりリゾートを楽しんで就寝。


■3日目
のつもりでしたが。30分ほど寝たところで、再度ロスに出かけていた相方が部屋に友人を連れて戻ってきたので、
部屋を空けることに。
宿泊先カジノよりもどうせならと、荷物をまとめて空港方面(IR方面)へ。
当初の目的どおりならCoDやソレアに行くべきですが、腹が減ってきたので無料飯を求めてOKADA Clubに行ってしまった。。。
負け分を取り戻そうとBJをやろうとするも、朝5時で卓も開いてないしディーラーがいないからちょっと待っててくれと。
えびチャーハンで腹ごしらえしつつ待って、MIN2000-MAX40000ペソで勝負!
MIN勝負では話にならないので1万ペソ基本で、いつか来るレートアップのタイミングを待ちます。
そのタイミングが中々来ないままマイナス10万ペソ。途中、9連敗を2000ペソへのレートダウンでしのいでこれなので、
相変わらず悪いです。

これは流れを変えなければと、中座して平場へ、なんとなくアルゼのスロット台を打って心を落ち着かせます。
Moon Wolf?みたいな台が液晶全盛の中でリールを採用していて、リールアクションが中々楽しい。
途中、全回転のような演出が出たり、これは日本人には受けそうだ。(外人には受けなそうだ)

心を落ち着けた朝8時、最後の勝負だとVIPルームでキムチチャーハンを食べてBJ再開。
座るなり8連勝。いける!いけるぞ!
その後、一進一退が続いた朝10時頃、親絵札に対してAAスプリットから絵札、絵札、親は6、絵札と完璧なリーチ目が。(個人の感想です)
ここでレートアップだ!とMAXの4万ペソにして勝利!勝利!破竹の5連勝!
そして5連勝目が親9に対して手札11からダブルダウンで絵札。親も絵札とチャンス目。(個人、略)

眠気とアドレナリンでゆがむ視界の中、すでにMAXでレートアップできないならBOXを増やせば良いじゃないと、
マリーアントワネット風な神の啓示を受けた私は4万ペソ×4BOXで勝負!

親8に対して、1つの目BOXは12からBurst。その他のBOXは全て一桁からヒットして20、20、17。
興奮で朦朧としてきて最後の17の時はStayと言いながらハンドサインがHitという始末。
やさしいディーラーは発声を取ってくれた。

とりあえず親が絵札で2BOX勝ちの状況。

1枚目は・・・3!

背中に氷柱をつっこまれた感覚とはこのこと。急に意識がはっきりして思わずオーイ!と大声を上げてしまった。
合計11。絵札が出たら21で死亡だ。死亡率は13分の4。約31%。ちなみに20でも2BOX負けなので13分の1で半死。


運命の2枚目は・・・3!

耐えた!あぶねー!思わず破顔一笑。合計14。3~5、もしくは8以上で勝利。勝率は13分の9(約69%)だ!
大して死亡は13分の1に減少。半死は13分の1で変わらず。かなり有利になった!


3枚目は・・・A!

合計15。勝率は13分の10に上昇!約77%


4枚目は・・・A!

合計16。勝率は13分の11に上昇!約85%


5枚目は・・・5! 

・・・え?・・・え?


死亡


1撃マイナス30万円以上のダメージでテーブルに突っ伏す私。
もはや立ち直ることはできず、出国までの4時間を空港のOKADAラウンジのソファーで眠るのであった。。。

冷静になればBOXを増やすなんてありえない。
しかも体は私を救うために17のときに無意識にHitのハンドサインを出していたのにそれに気づかなかった。
(そうすれば4がきて21に。親は18で2BOX分勝ち)

おじさんはちゃんと寝なければ駄目だ。

ちなみに相方はNewWorldで最悪40万円負けから30万円取り戻したり、2泊でリゾート5回など、マニラを堪能したとの事。

ではでは、長文駄文失礼しました。



このReportへのコメント(全 4件)

2018/04/27(Fri) 06:33

ひこちゃん

J,ステイサムのLA用心棒の映画のひとコマを思い出しました。

バカ憑き大勝ちでチップケース二段 一度は勝利確定させようとするも未だ中途半端  ラストワン勝負のオールイン
二枚で17 Dは18だろう ステイでは多分負ける 長考の末ヒット 

下からのバッチシカメラワークで アシ有りからのツーライン(?)なかぬけの(フオー)
狂喜のトエンテワン  これでバクチ(用心棒暮らし)から足洗って安泰リゾ暮らし

と、思うきや 続きがあって スリーラインのハチ ドボン 最初のオケラに逆戻り
ステイならD16 

おバカな仲間達と示し合わせGW マニラに行きます。 小生は29イン4アウト
常宿のマリオットですが 途中ヤマダにも一度は行こうと思ってます。

点心はショウロンポウかな ヤマダ情報有難う御座います。 試してみますね。


2018/05/01(Tue) 15:14

タノン

ちろりん長兄さんお疲れ様です。

僕が言ったとおりだったのでは? オカダマニラはガラガラだったでしょう。
確かに内装や飯は旨くても勝てなければ意味ないですよね?
副社長の押元とも話したんですが、オカダマニラは設備投資に金賭け過ぎて
元捕れてないんですよ。これからどうなることやら。

紹介した日本大使館のとなりのMIDASには行かれましたか?


2018/05/07(Mon) 01:11

ほしこ

ちろりん長兄様

いつもリゾカジ.comをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
2018年4月に下記のレポートをご投稿いただきありがとうございました。
-------------------------------------------------------------
タイトル:マニラ2018年4月(OKADA、NewWorld)・マニラでVIPルーム初体験
エリア :アジア
投稿日時:2018/4/26
--------------------------------------------------------------

4月の『レポート・クチコミ投稿プレゼント』にちろりん長兄さんが
ご当選され、メールをお送りしているのですが、こちらにご登録の
アドレスがなぜかエラーで戻ってきています。

お手数ですが、info@resocasi.comにメールをお送りください。
(その際に受信制限をされてましたら解除をお願いします)

お手数ですが、よろしくお願いします。


2018/05/07(Mon) 07:07

ちろりん長兄

ほしこさま

お手数おかけしてすみません。
info@resocasi.comに特に受信制限はしておらず、いつもメール確認できているのですが。。。

ニフティドメインから再送いただいたメールに返信しました。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: