リゾカジ カジノレポート

マジだから!V字回復!!

* ラスベガス 2018/ 09/ 16 Written by 龍次

コメント( 0)

友人のbig playerが、とにかく良い話しが、あるから聞きに来いと言う。
イメージで言えば、5回に3回必ず当たる方法だ。
確かに今までの苦い経験を裏返せば、こんな打ち方になるのだろう。
無性に打ちたくなった。
行くっきゃない。
おれっちは、もちろんLas Vegasだ。
 
<「消えて、白雪姫」>

消えて、白雪姫
放課後プリンセスの名曲だ。
メジャーデビューの記念すべき1曲目。
実にノリがいい。
世界で一番「baccaratが強い」のは誰?
と歌詞を替えるとバカうけ間違いなしだ。
行きの飛行機で聞きまくった。
テンションポンプアッブだ!
やらいでかっ!
V字回復だ!!
 
<カーズ/クロスロード>

機内で観た。
クロスロードとは、人生の岐路と言う意味である。
ディズニー映画であるが、大人も充分共感できる。
メディアにもそのような表記がある。
Storyの作り込みも素晴らしい。
ウルトラお勧めである。
 
<あれっ!>
Playerが、いない。
PALAZZOもVENETIANもVIP roomに客がいないのだ!
Dealerに聞くと、あの事件のせいではないとの事。
例年、10月の下旬は、暇らしい。
それにしても、金曜日の夜11時にゼロでいいのか?
詳細は、書けないが、この状況では、
今回の秘策は、実施出来ない。
 
<LUX café>
24H
PALAZZO,VENETIANには、バフェイがない。
その代わり的なものが、このLUX。
食事もある。お値段もお手頃。
コーヒーおかわりオケ。
持ち帰り用にも出来ます。
部屋で、ゆっくりコーヒーを飲みましょう。
部屋は、今回もpiazza suiteです。
持ち帰り用コーヒー

<出現「1702」card>
VENETIANには、顔見知りのsupervisorが、何人かいる。
また、やってみた。
ブラックライトだ。
成功。
おとがめは、一切なし。
出た数字は、なんと

ジャバリ出しますサービスカード番号

1702が出たのだ!
ここイチを純目で打ってオケだ。
畜生、初日だから、まだ、暖まっていない。
つまり、打てないのだ。
折角のPツラ9目なのに、max bet は、USD1,500だった。
頼む!
最終日にも1702のcard が、来てくれ。
死ぬ気で打ってやる。
打ち込む!
いや、鉄板で来る。
その為に出発は、月曜日のlate check outにしたのだ。
つまり、last handは、ど平日じゃ!
やらいでかっ!

<新ルーレット「S」番>
平場に見たことがないルーレットがあった。
番号が、1~36+0+00更にsandsの「S」番があるのだ。
Tableでは、0と00の上にピラミッドの頂点と言いたげに、
0と00とSで作る台形の頂点にSが、鎮座している。
控除率大幅アップだろう。
更にえぐいのは、ウイールの中では、
0→S→00と並んでいるのだ。
相当入っちまいそうな気がする。
くわばら、くわばら。
 
<えっ!東京じゃないの?>
今回は、Las Vegasの友人とbaccaratをした。
いいshoeだった。
卓の4人ともコマを増やした。
Shoe changeになった。
おれっちは、コマを大きいもの替えた。
「color」
gameは、止まっている。
その言葉を聞いて、隣の女性のplayerから、
声を掛けられた。
隣のplayer「リブイン?」
おれっち「No I live in Tokyo .」
自信満々のお返事だ。

友達「違いますよ。
彼女は、もう、gameをやめるのか?
と聞いているのですよ。」
おれっち「えっ!彼女は、リブイン?って言ったじゃん。
だから、Las Vegasに住んでいるの?と言う意味じゃないの?」
友達「彼女が、言ったのは、leaving?です。
もう、帰るのか?と聞いたのです。」
おれっち「えっ!マジ?!
いままで、ず~と、東京と答えていた(;´д`)。」
Las Vegasに来たのは、優に30回は、越えている。
20回ぐらい東京と答えていた。
相当なショックだった。
やはり、ヒアリング能力は、現地年齢1歳だ(´ω`)。
 
<鉄板リーチ>
今回は、不思議な事に初日プラス、二日目プラス、三日目プラスであった。
すると、最終日は、どうなるか?

攻める!

ではなく、守るになってしまう。
え~、最初の計画とまるで違うじゃん!
でも、目の前の※ウガが、欲しくて仕方がない。
(※勝ち分)
打てない。
チキン野郎だ。
ウガの下限を設定した。
そこまでは、下げてもいい。
そう考え直した。
そこにbanker 5目出現。
次の6目めは、鉄板だ!
ツラで切れやすいのは、6目。
だから、ほとんどのメイントレンドは、6目止まりで構成されている。
そう信じている。
実は、あのSingaporeでの敗けone hand SGD40,000が、トラウマになっている。
がしかし、7目が出たら、8目めは、また、鉄板となる。
ドカンと打て。
9目からは、ちょい下げの大きめでflat betが一番硬い。
いくら打つか。
ここは、先輩の意見を素直に聞いてUSD5,000にした。
勝ったら、settlementでもいい。
切りのいい目標数字には、足りないが良しとしよう。
BにUSD5,000bet
P→5+7=2
B→6+9=5
やった。
鉄板リーチだ!
※条件決まり敗けなしだ。
(※5条件→1、2、3、8、9、10、J、Q、K )
叫ぶ
「モンキー!
鉄板リーチ、we say in Japanese!!」

出たcardは、

3

tieだ。
バカ!
「2」にしておけよ!!
敗けなくて良かったと思う反面、
何か嫌な予感がした。
次のhandは、あっさりとPの勝ち。
敗けたら、ウガの下限いっぱいで止める。
いや、出来ない、その約束は、破られる。
「ごめんねbanker」に張る。
鉄板と思ったbankerのone hand後にやっぱり
Bankerが、来ることがある。
それが、「ごめんねbanker」。
結局、手は止まらない。
ダラダラ打つ。
Settlementの時間が間もなくだ。
Shoe から黒いcardが出ている。
次が、last handだ。
今回のtripのlast handと決めた。
B
PPP
BBBBB
PP

迷う、考える。
B5目を中心に左右対象になるような気がする。
ならば、同じくP3目狙いでP打ち。
そして、1702 cardだから、マンガ罫線が出る。
P打ちに応援団だ。

がしかし、B5とP2のlast 7目を見ると、
好きな形の4→2→1→ハネに似ている。
ならば、B打ち。
B5目を中心に左右ピッタリのP3目とP3目、
そんなマンガ罫線は、来ないだろう。
マンガ罫線が、来るのなら、baccaratでみんな、家が建つ。
Baccaratで家を建てたplayerは、おれっちが、知るかぎり二人だけだ。
一人は、Mr.柏木、そして、もう一人は、ザギンの麗華。
逆に家を売ったplayerは、ごちゃまんといる。
更に、このshoeは、1702だが、言うほど素直ではない。
つまり、簡単ではない。
おれっちのchipは、減っているのだ。

Last handだ。
ウガは、キッチリ残したい。
チキン野郎だ。
betは、USD 3,000

それを

マンガ罫線を


信じないで
Bにbet。
先にPを開けさせる。
P→2 + 7 = natural 9
最悪!
B勝ちなし。
チカラなく、一枚目をいつものように
パチンと音を立てて、cardを開いて投げる。

9 だ!
ひょっとすると・・・。
2枚目のcardは、pictureの額の線を見たい。
おれっちは、ちゅうぼーの頃から線が好きだ。
ナマ足より、断然パンスト派だ。
Cardをboxとbox の区切りの線にcrossするように
伏せて置く。
cardの隅をゆっくりと絞る。
額の線が出たら、pictureだ。
線と線のcrossが、見たいのだ。

ない!
線は、なかった。
替わりに、クラブのマークがチラリ。
狙うのは、10しかない。
ゆっくりと横を絞る。

※ムカデだ
(※4 side)
10になれ!
Cardを中心に向かって、ゆっくり押し込む。

普通は、9だ。
何回も遭遇している。
見ているのは、頭2つのマークの中心。
ここにマークがあれば、10だ。


黒い。
マークが、付いた。
10だ。
やった、勝ちなしのP9をtieにした。
半端なウガとなったが、敗けより数段よろしい。
やっぱり、1702 card は、えげつない事はしない。
助かった。
成績は、徐々に向上している。




続く



このReportへのコメント(全 0件)

コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: