リゾカジ カジノレポート

初めてのIRCafe

* アジア 2018/ 11/ 04 Written by マリタイム

コメント( 5)

皆さん、こんにちは。マリタイムです。IRCafe(正式にはeの上に ’ がある)に行ってきたのでレポートします。

2018年11月2日(金)22時、大阪駅前。ヒルトンプラザ・イースト横の歩道を通って、四ツ橋筋を南に下ります。桜橋交差点の横断歩道を渡り、次の東西に延びる通りと交わる角(ドージマ地下センター入口のあるところ)を、左(御堂筋方向)に曲がりました。そして、少し進むと通りの南側に目指すFOODEARビルが見つかりました。横幅のある綺麗なビルです。道路をはさんだ反対側には、カラオケのビック・エコーがあります。

ビルの前の看板等の写真を撮り終え、エレベーターで4階に上がります。店の前に出されているメニュー表を見ていると、中からお客さんが出てきました。扉を開け、中に入ります。長いソファーに案内され、女性から説明を受けます。チップ100ドルにドリンク3杯が付いた4000円(+消費税)のコースを選択し、リゾカジ会員であることを告げました。すると、リゾカジ会員特典でチップが40ドル増量され、140ドルになりました。「ゲームは何をやりますか?」と聞かれたので「バカラをやります。」と答え、飲み物はオレンジジュースを注文しました。ハッピーアワーの19時30分を過ぎていましたが、カウンター上のお皿に盛られたピンチョスもいただくことができました。

男性が2人居るので、片方に「マークさん?」と声をかけます。すると、その方がマークさんでした。で、しばらく2人でソファーでおしゃべり。
お互い2017年11月のグランドリスボアオフ会に参加しているのですが、私はマークさんの顔を覚えてなくて話を聞くと、グラリスでの食事会のテーブルも同じだったようです。前日の中宝さん食事会に参加するため、私がヘリを利用したことが印象に残っているとか(苦笑)。

IRCafeのディラーは、内外のカジノスクールで勉強をされた方達だそうです。放っていたらもっと話が続いていたと思いますが、女性ディーラーから「バカラの準備ができてますよ」と促され、ようやくゲームテーブルへ移動しました。

賭金   プレイヤー バンカー  
10      9     7   × (←バンカーに賭けて負けたことを表す)
10  〇   8     2
20  〇   6     4
40  △   6     6
10  ×   6     7

ストラテジーは簡単で、ツラを取るため、勝った側に次も賭けます。しかし、ときどき、間違えて負けた側に賭けてしまったケースも(汗)。ただし、それが結果オーライとなったケースもありました。

10      7     0   ×
10      6     5   ×
10  〇   9     8
20  〇   8     4
40  〇   9     0
80  ×   1     8

連勝したので、調子に乗って80ドル賭けたら負けました(苦笑)。レポートで読んだか、マカオの食事会で聞いたか、どちらか忘れましたか、ツラ発生時に置き賭け(勝って獲得したチップをそのまま前回賭けたチップに上乗せして次の賭けを行うこと)を続けて、当初、数万円だった掛け金が最後には1000万円を超えていたという話や、最近読んだ森巣博著「日本のハイローラー」に、1万香港ドルの掛け金が7手目には64万香港ドルになったという話が出ていたので、試みてみました。

10      6     3  ×
10  〇   9     3
10  〇   7     5
20  〇   8     1
40  △   7     7
10  〇   7     4
20  ×   5     7

最低40ドル賭けないと、絞りができない(ディーラーがカードをオープンする)ルールです。そのため、毎回40ドル賭けて、あっという間にチップが無くなる方もいるとか。
絞りにこだわりのない私は、基本低額ベットなので比較的チップが長持ちしやすいと思います。

10      7     9  〇
20      5     9  〇
40      2     2  △
10      4     6  〇
10      9     4  ×
10  ×   4     7
10      4     4  △
10      2     9  〇
20      5     7  〇
40      0     5  〇
80      3     9  〇
20        1     5  〇
40       5     9  〇
100      4     3  ×

ここが中盤の見せ場で、前回失敗した80ドルのベットが成功!しかし、調子に乗った100ドルベットは負けました(苦笑)。

10  〇   7     2
20  ×   7     9
10  〇   8     3
10  〇   7     4
20  〇   1     0
20  ×   1     4
10      6     6  △
10      8     1  ×
10  ×   0     7
10      2     2  △
10      0     8  〇
20      7     6  ×
10  ×   1     8

100ドルベットで負けて以降は、低額のベットでやり過ごしました。そして、23時30分を過ぎ、最後の勝負へと向かいます。

10      5     7  〇
10      3     7  〇
20      3     8  〇
40      6     9  〇
115      1     8  〇
115      7     6  ×
115  ×   1     6 

手持ちのチップを数えると315ドルありました。そのうち200ドル分を次回の来店時のため持ち越すことにして、残る115ドルを賭けました。するとナチュラル8で勝ち、チップ残高は430ドルと元本の3倍になりました。
次は230ドルを一度に賭けることも考えたのですが、自重して115ドルずつ2回に分けて賭けることにしました。結局連敗したので結果は同じでしたが、危険分散のため2回に分けて賭けたのは賢明な選択であったと思います。

罫線を見たマークさんから、連敗が少ないことを指摘されました。
28勝18敗6分け。レポートのネタにするため、わざと高額のベットを試み、その結果チップが増えたという面はあるのですが、バカラでは人生最高の成績となりました。
終始気楽にやっていて、またバカラテーブルには自分しかおらず、ディーラーと一対一だったことも、気が散らず好結果につながったと思います。

もし本物のカジノでチップが3倍に増えたのなら、その時点で賭けを止めるか、倍の280ドルまでチップが減れば賭けを終了するという選択をすると思います。(つーか、小心者のマリタイムはチップが倍増した時点で、既に帰国の態勢に入っているでしょう。笑)。
カジノに行く前にイメージトレーニングをしたと書いてあるレポートを読んだことがありますが、こんな感じの時にチップはたくさん増えるというのを経験できたのは有益でした。この経験が本物のカジノで生きる日が訪れることを期待したいと思います。

なお、滞在中、ほかの2テーブルはポーカーやブラックジャックをやっていたように思います。レポート用にVIPルームなど店内の写真撮影を追加し、会計を済ませ、マークさんに見送られ出店。
店先で客を見送る綺麗なお姉さん方を横目に見ながら、ネオンで明るい北新地の通りを抜けて、北浜のホテルへと歩いて向かいました。次は、リゾカジナイト(月の宴)で訪れる予定です☆



このReportへのコメント(全 5件)

2018/11/05(Mon) 04:11

マーク

マリタイムさん

マークです!

早速、かつ詳細のレポートありがとうございます!
また遠方からお越し頂き、再会できて嬉しかったです。

やっぱり、カジノや、リゾカジのお話は楽しいですね。。
あっというまの時間でした。

ヘリの件のお話も、お金より約束を優先。って直接伺えて感動しました。

またリゾカジナイトにお越し頂けるとの事、お待ちいたしております!

ありがとうございました!!

マーク



2018/11/05(Mon) 05:51

マリタイム

マークさん、こんにちは。
2日(金)は、お世話になりました。

土曜日の夜、帰宅して、日付が変わった日曜0~3時にレポート執筆、
11時から12時に修正、13時から14時に文章と写真のアップロードをやってしまいました。
いつも、こんなに早く取り掛かれるとは限りませんが、やり終わるとすっきりしますね!

メイドカジノなどとは違って(比べること自体、失礼ですね)、広々としてて本格的で、
ディーラーもちゃんと教育を受けた方なので良いですね!

今回の経験をもとに、本物のカジノでもツラ5回までは我慢して
置き賭けをやってみようかなんて思っています。
予行演習を行う場所として、また気楽に楽しむ場所として利用させてもらいます。

ビギナーズラックなのか、今回バカラの成績、内容がとても良くて、うれしいです。
キャサリン、ありがとう!(笑)


2018/11/05(Mon) 09:40

ナッキー

マリタイムさん

初めまして。
ナッキーと申します。

私も先月IRカフェにお邪魔しました。翌週のポーカーデビューを夢見て色々と教えて頂きましたが、やっぱり実際にウォーカーヒルでテーブル見た時に足がすくんでしまい、デビューは次回に持ち越しました…

東京にもアミューズメントカジノはたくさんありますが、どうしてもメイドさんのイメージが離れません。

IRカフェの東京出店を熱望しております^ ^


2018/11/05(Mon) 10:38

マリタイム

ナッキーさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

ポーカーは客同士がブレイするから、バカラやブラックジャックと比べて、
敷居が高いですよね。

IRカフェの東京出店を熱望とのことですが、
北新地の向こうを張って、銀座あたりにできると良いですね!
ナッキーさんが現在の職業にプラスして、リゾカジの社員にもなり、
この機会に東京出店を企画、実行するというのはいかがですか(笑)。
(半分本気、半分冗談で言っています)。


2018/11/05(Mon) 11:16

ナッキー

ハハハ(^。^)
リゾカジさんの社員ですか!
私みたいな「カジノ依存症」では無理ですな。。。

私はBJがメインなんですが、ソウルで以前置き賭けを続けて痛い目にあいました。

まず10万wで勝利、次はそのまま20万w、これも勝利で次は40万w、もう一度だけと思って80万wをベット。ここで負けても10万wの損失と思いきや、ハンドがペアでスプリット、片方がダブルダウンでいつのまにか240万wの大勝負に。

結果はご想像の通りで、結局170万wのマイナスに。バカラと違ってBJの置き賭けには要注意です。。。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: