リゾカジ カジノレポート

パラダイスシティ・BJ同伴打ち

* 韓国 2019/ 03/ 05 Written by サイゴンサイゴン

コメント( 11)

初めての試みを二つ行ってみた。

一つ目の試み:同伴打ち

私は普段は、カジノ旅行は常に一人旅で、BJも同行者と共に打つことはない。
なぜ、今回は同伴BJとなったのかは、フライデークラブ提供の新規登録者プラン、30万円バイインプランにある。 新規登録者に限り、30万円のバイインと同額のターンオーバーを10万Wテーブルで一回転廻せば、それだけで一泊分の宿泊がコンプになるプランである。
自分は既登録者100万円バイインプランで2泊滞在、今回同行に誘ったのは友人のM子。彼女はパラダイスシティに一泊だけ泊まり、その後ソウル市内へ移動しカジノとは縁のない自分の観光旅行である。

金曜日の夕刻、パラダイスシティ、BJ10万Wテーブル。
平場BJテーブルが従来の6テーブルの島とは別に、喫煙ルームのある壁際付近にさらに3テーブルが新たに出来ていた。この3テーブルはすべてミニマム10万Wで、既存のBJゾーンと離れており、後ろを通過する人も少ない為、テーブルへの乱入プレーヤーがほとんどいないので、非常にプレーしやすい環境だ。
その10万Wテーブル、ディラーのみで誰もプレーしていないテーブルを選んだ。

二つ目の試み:数取りカウンター

今回、補助ツールとしてダイソーで買った数取り器を使ってみた。
カードカウンティング用ではなく、自分と同伴者のターンオーバーを正確に計上する為である。 自分の1ハンドだけなら、別にこんなものは必要ないのだが、隣にターンオーバー、30万円分が必達の同伴者がいる。 コンプノルマを超えたら、10万Wのテーブルは終了して1万Wテーブルに移動のつもりなので、このカウンターを使ってみた。 
使用前にスーパーバイザーに見せ、使用確認したら、当初は難色を示した。ゲーム終了後のディスカードは1ゲーム毎に即CSM再投入でカードカウンティングは不可能である。 
自分のベット額のカウント用なのになんで使用がダメなんだ。 “マネージメントと確認してくれ” の一言で何処かへ電話し待つこと5分。PITボスの了承が出たそうで、使用OKとなった。 
カジノ側の目視、どんぶり勘定のターンオーバー計測に対して、自分のベット総額は正確に把握する。 ヒートアップしたテーブルで、密かにベット金額をカウンター計上すると言うこのオタクっぽい作業はメンタル維持の為の精神安定効果がある。
しかし、このカウンターは翌日、ひと悶着を起こすことになる。

テーブルセンターにバイイン1千万Wの私、左隣にバイイン300万WのM子でプレー開始。 ゲーム開始後、わずか30分で数取り器のメーターはあっという間に30を超えた。 ゲームの流れが良かったので、止めずにそのままプレー継続。 開始から45分、カウンターのメーターが45を数えた時点で、私は10万Wチップ4枚のプラス、M子は8枚のプラスで一泊分のコンプノルマは完全に達成。 勝利確定ですでに充分満足そうだ。
私自身は明日が丸一日あるので、この日のゲームは早々にここで切り上げる事にする。

M子は、その後、二期オープンした隣接の温浴施設、シメルに行った。フライデークラブのプラチナで入場料無料になる。中には広大な浴場や色々なサウナがあるそうで、偉く感激しており、翌日も再訪していた。
M子さん、今回はこんなおっさんBJプレーヤーを師匠と呼びつつ酔狂なカジノ旅行に付き合ってくれて、まずはありがとうでした。

翌日のランチ後M子を見送り、いつもの一人となった私はここからが本勝負である。
BJ6テーブルの島、若い日本人プレーヤー二人がプレー中のテーブルの2番ボックスに座る。 私だけの単独プレーなので、もうカウンターは必要ないのだが、折角持ってきたツールなので、この日も使おうと確認する。 昨日と同じく、即答できない。 昨日は使用OKだった、ピットボスが承認したって言ってたよと私。 スーパーバイザーは盛んに端末を確認して、やはりどこかへ電話している。 ここまでは昨日と同じである。 ところが、使用のOKが出ない。 申し訳ありません、そのカウンターの使用はできませんの回答。
結局、30分待たされたあげく、ゲーム前にいやなアヤが付いてしまった。
ここは仕切り直しが必要だ。このテーブルはやめて、対面の5万Wで打つ事にする。
5万Wテーブルのベット額も、フライデークラブのコンプノルマの計上対象になるのかどうかは良くわからないが、この5万Wテーブルは、付いたアヤ消しのクッションである。
一時間程、ミニマムフラットで流しているとデッキチェンジとなったので、昨日の10万Wのエリアに移動することにする。
昨日と同じテーブルだけが稼働中だ。 2番、3番ボックスで、国籍不明の温和そうな中年男性が一人で打っている。 BSプレーヤーである。 かなりのオレンジ100万Wチップをスタックしている。毎ゲーム、2ハンドにそれぞれ2枚200万Wのベット。 一ゲーム40万円の勝負が基本のハイベッターだ。 私は昨日と同じ5番ボックスに座る。
本日の開始原点は1000万W強からである。
ゲーム開始後、一時間経過、大きな流れは訪れない。勝ったり、負けたりのゲーム展開が続き、チップは1000万Wの原点を多きく増やすも減らすもないままのゲーム展開だ。
私のBJのプレースタイルは5万Wや10万Wのテーブルならば、テーブルミニマムを基本ベット1単位=打たれ越しとして、ベットアップは最大、各ミニマムの10倍から5倍の50万Wを上限としている。
ベットアップするタイミングは、特には決めていない。 あくまで、自分の直感だより、その時の気分次第で行くときは行く。そして、私のBJプレースタイルの一番の特徴はベットアップしたゲームで勝利後の対応だろう。
ベットアップゲームでの勝利は、自分の運気は上向き、上げ潮に向かう入り口あたりにあると考える。よって、次ゲームもそのまま、ベットアップの置き張りとする。そして、負けるまで(自分の上向き運気がストンと落ちるまで)この置き張りしたベットアップは下げない。

ゲーム開始後、2時間、同席の2ハンドプレーヤーがゲーム終了した。それまでも、その後もこのテーブルへの他の参加プレーヤーはなく、ディラーとのヘッズアップとなった。
ゲーム開始後、3時間、ヘッズアップでの非常に早いディーリングが続く。10万Wテーブルでの総ターンオーバーは、すでに数えるのは止めていたが、おそらく5千万Wは超えただろう。  自由で至福な自分だけの空間と時間。 そう感じ始めた頃、その波が来た。 突然に始まった、烈風のようなプレーヤー追い風の流れ。
すでに40年を超えた私のBJライフで、かつて、これほどの流れを経験した事はない。
その流れは多少の膠着を挟み、ゲーム終了まで、その後、およそ一時間続いた。

その間、記憶しているだけで、

ディラー5連続バストがあった。
ディラーA vs 8+8スプリットからディラーバストがあった。
ディラーA vs A+Aスプリットで両ハンドTを引いて、ディラーA+9があった。
ディラーT vs A+TのBJでディラーTTがあった。
ディラー  vs 3+3+3のスプリットでディラーバストがあった。

プレーヤーのツキの流れが完全にゾーンに入った一方的な展開だった。
そして、この流れで、前述したとおり、私は大方のゲームでベットアップの50万Wを置き張りしていた。
一時間後、 開始1千万Wの手持ちチップは倍増の2千万Wまで、パープル10万W、二枚にまでに迫った。 あとパープル二枚でキッカリ2千万Wである。
ここまでと、決めた最終ゲームにパープル二枚、20万Wをベット。
これも、あっさりT+Tで勝利した。カラーチェンジは1千万Wブラック二枚だけに変わった。ディラーチップ用の端額チップは手元に一枚もなかった。
勝利のディラーTIP用CHIPさえも残らない、完膚なきまでのプレーヤーラックの終わり方だった。


私はBJプレーヤーとしても、ましてバカラの高額ベットプレーヤーと比べれば、
1トリップ持ち込みのバンクロールはせいぜい50万円程度の平場ローローラーである。
だからBJと言うゲームで100万円の勝利を上げる事の難しさは理解しているつもりだ。
今回は何かの運が味方してくれたから、それが出来たのだろう。 
この幸運の流れが続くことを願っている。



このReportへのコメント(全 11件)

2019/03/05(Tue) 16:03

まことちゃん

サイゴンサイゴンさん
大勝利おめでとうございました!!
ベットアップしたチップをいつ通常に戻すか?
難しいと思います
私もサイゴンさんと同じで1回負けるまでそのまま置いておきます
したがって連勝があると連敗があっても比較的に楽に勝てます
私の場合は勝つたびにチップを上乗せしていきます
12連勝した時がありまして、その時は最後は150万Wになってました
その人それぞれの勝パターンがあるのでしょうが
はまった時は楽しいこと楽しいこと
大きなツキをつかんだサイゴンさん
連勝街道、驀進しちゃってください


2019/03/05(Tue) 16:26

サイゴンサイゴン

まことちゃん

早速のコメントありがとうございます。
パラダイスシティとはおかげ様で今のところ相性がいいようです。
BJでは積年のセブンラックへのリベンジやWHも10年近く行ってませんので、
たまにはまた行きたいと思ってます。
Kintaroさん、お勧めの大邱も一度行って見たいし+かつてのホームグランド釜山港にも久しぶりに帰りたいです。
韓国以外では、ベトナムのグランドホーチャム再訪とフーコック島の初視察。
遠方では、やはりラスベガスのBJルール改悪チェックとバンクーバーのPARQバンクーバー初視察でしょうか。
はたして、このうちいくつ行けるのか。


2019/03/05(Tue) 17:35

むうむう

サイゴンサイゴンさん

爆勝ち、おめでとうございます、貴重な威厳あるチップまで。 
私は未だに未踏のハウスですので触ってみたいチップです。
BJ職人域の細やかな、洞察力が伝わってきました。
プレーヤー追い風のハッピータイムを逃がさず掴み取れて、満足ひとしおでしたね。

それで仁川空港で持ち出しの件だったのですね。


2019/03/05(Tue) 19:44

サイゴンサイゴン

むうむうさん

コメントありがとうございます。
そうなんです、仁川空港の外貨申告デスクの謎の対応。
しかし、仁川は空港としてはいいのかもしれませが、乗客フレンドリーな
空港じゃないですね。 パラダイスシティのシャトルはターミナル1の端に
着くんですけど、そこからTwayのチェックインカウンターHまで、歩く歩く。
今回は朝6時でセルフチェックインさえ10人待ちで、それからの搭乗ゲートまでの道のりの遠さは本当に参ります。 空港は金海クラスの大きさがいいですね。


2019/03/05(Tue) 20:07

むうむう

サイゴンサイゴンさん

ハブ空港は歩けない私には拷問です。
ちんまりと釜山で過ごします(笑
脚の筋肉が衰退し辛いカジノ行脚です、サイゴンさんは大丈夫?


2019/03/05(Tue) 20:16

サイゴンサイゴン

通常時は大丈夫なんですけど、前回、滞在中に体調を壊して、空港で荷物持って歩くのさえ苦痛だった時がありました。チェックイン,セキュリテイ、イミグレ、全部長蛇の列ですから。
まいります。


2019/03/06(Wed) 07:57

masano

いいなー1000万ウォンは韓国での自己ベストですか?


2019/03/06(Wed) 08:26

kintaro

サイゴンサイゴンさん

勝利おめでとうございます!
とても良い波だったようで、たいへんうらやましゅうございます‼️

私の経験でも短時間で大きく勝つときは、ディーラーとのヘッズアップが多いように思います。
もちろんアップテンポなので、負けるときも早い諸刃の剣ではありますが…涙

フルボックスで行うBJはゲーム、ヘッズアップで行うBJはギャンブルだと思っています。

明け方の誰もいないテーブルは案外好物です。やはりギャンブルが好きなのですね笑

今度是非テグでお会いしましょう!

テグは空いていて良いのですが、1人だとツーハンドが義務付けられているのがネックです。


2019/03/06(Wed) 09:13

サイゴンサイゴン

kintaro さん 

コメントありがとうございます。
kintaroさんのバイブアラーム vs 私の100円カウンター (多分、以後使用禁)。
BJ戦術も新たなステージになって来たか。

パラダイスシティは現在BJテーブルは9に増えて、新しい3テーブル(10万W)は混んでなくて凄く打ちやすいですよ。

大邱、行きたいのですが、インターブルゴの予約とか販促との折衝とか、どうするのが
一番、良いのでしょうか? ご指南頂けると、ありがたいのですが。


2019/03/06(Wed) 12:09

kintaro

サイゴンサイゴンさん

インターブルゴカジノの日本マーケティングに担当の李(リ)さんとキムさんがいます。
とても気さくな方たちですので、先ずは下記の連絡先に電話してみるとよいでしょう。
http://www.daegucasino.com/jpn/01_sub/01_sub.html

歯がゆい感じでスミマセン。


2019/03/06(Wed) 12:35

サイゴンサイゴン

kintaro さん

早速のご返信ありがとうございます。 
広報映像見ました。 モデルの人とか何か雰囲気、強烈ですね。
一度、電話してみます。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: