リゾカジ カジノレポート

客の自由度が一番高いcasinoはどこだ?

* オーストラリア 2019/ 05/ 28 Written by 龍次

コメント( 6)

Casinoに行く目的は何か?
第一の目的は、勿論、勝つことだ。
そして、次の目的は、楽しく遊ぶこと。
Entertainmentも欲しい。
どう呼び込みをしても、どのように絞っても、cardの数字は変わらない。
吹いても、叩いても、同じくcardの数字は変わらない。
でも、遊びたいからやっているのだ。
遊びに大切なのは、客の自由度だろう。
ここで、禁断の物差しで図ってみた。

ブラックライトだ。
おれっちの経験上、ほとんどのcasinoで使用禁止となる。
(Las Vegas、韓国、MACAU、Singapore )
理由は、ダメだからの一点張り。
勿論、ライトを当てても、cardの数字は、変わらない。
光遊びをしているだけだ。

現在、オケなのは、Australia the starとたぶん今でもRWMは、オケだろう。
なんのおとがめもなし。
さあ、どうぞと言った感じ。
(dealerによるようだ)

一事が万事。
たかがブラックライト、されどブラックライトだ。
小うるさいcasinoは、あれやこれやとうるさい。
つまり、イラッとする。

敗ける。

次の物差しは、dealerが、勝手にバンコミを取っていってくれるか?
勿論、その方が、楽だから。
おれっちは、6半baccaratには、座らない。
控除率の問題だ。
それは、

Las VegasとAustralia the starと韓国もそうだったような。
Las Vegasは、基本、shoe単位の後払い。

総合評価として、客の自由度、客の楽チンの程度、更には、host、dealerの
friendlyさで押すなら

「LVS Las Vegas」
従来は、そうだった。

からの~


「Australia the star Gold Coast」は、極めて上位に来ているだろう。
いや、潜望鏡ではないのか?
(千束3丁目用語ではない)
勿論、それ以外にも要素はあると思います。
そして、十人十色ですけど。
Baccarat play暦四半世紀以上のおれっちの意見です。


<打ち納めはGold Coast>
めでたくANAのD classは、クリアした。
自力ダイヤとは、つくづくおバカだと思う。
毎年、クルマが買えるほどANAに乗っている。
最近気づいたのだが、Los Angelesに行くより
Sydneyに行った方が、プレミアムPが貯まる。
からくりは、路線倍率だ。
なので、後半、Sydney行きを多用した。

<そんなもの買ってくるな!>
羽田空港国際線check in counter。
お隣のC check in counterが、何やらざわついている。
警察官も二人来ている。
やじ馬もいる。
真ん中には、長いジュラルミンのハードケース。
そのそばには、欧米人らしき白人が二人。
このジンガイが、お騒がせ君らしい。
D counterで聞いてみた。
何ですか?あの騒ぎは?

外国のお客様が、日本刀を購入されて来て、
それをお預かり荷物で輸出出来るかどうか警察の方も立ち会いで、
相談しているところでございます。

警察官は、何の為に来たのですか?

販売証明の確認でございます。
その証明書がないと輸出することは、出来かねます。

ジンガイは、よくあんなジュラルミンのハードケースを
持っていましたね。

あのハードケースは、私どもの所有物でございます。

へー、よくあんなハードケースを準備していましたね。
滅多に使わないでしょ?

昨日もございました。

え~?!
狂暴な感じはないジンガイではあるが、
何も日本刀を買わなくてもいいだろ。
大阪でジンガイ向けに包丁が、バカ売れとのTVを見たことがある。
Cool Japanも良いが、どうして、日本刀が欲しいのだ?
よくわからない。
保身用なら、拳銃にかなわない。
拳銃の弾を切り落とせるのは、
アニメの石川五右衛門レベルだけだ。
リンゴを剥くには、剣が、長すぎるだろう。


<いぬやしき>

スカートビルと呼ばれるSNの本社ビルの壁面だ。
SNのいい宣伝になりましたね。
内容は、ありと言えばあり、無しと言えばなし。

〈二種類あるorange juice〉
Darling casinoに行ったら、お勧めは、
Orange juiceだ。
実は、これには、二種類ある。
「fresh orange juice」と言うと絞りたて感のある
つぶつぶ果汁入りのjuiceが出てくる。

普通のドリンクのグラスより背が高い。
これは、ルームサービスで頼むorange juiceと同じだ。
部屋で頼むとAUD 11。
結構なお値段である。

<クリケット>
Australiaに行ったら、是非、見ていただきたいスポーツは、
クリケットだ。

Australiaでは、一日中クリケットを流す専用chもある。
おれっちは、日本でクリケットの中継を見た記憶がない。
野球のお父さんみたいな位置付けだ。
10アウトを取るまで先攻後攻が、変わらない。
しかも、表裏一回ずつ。
ひとつのアウトが、なかなか取れない。
基本的には、真ん中の三本の棒を一本でも倒すこと。
点数は、基本二点ずつ入るので、200点overとかも出る。
試合時間が、やたらと長い。
早くても8時間。長いと2日、3日掛かるらしい。
バッターは、すごい防具を着けているが、
守備でグローブをしているのは、キャッチャーだけで、
あとは、皆、素手だ。
手が痛くないのか?
がしかし、競技人口は、野球が世界7位に対して、
クリケットは、なんと世界3位である!
さすがお父さん。

<ケ◯コ>
今回、どうしても再戦したいdealerがいる。
ケ◯コだ。
前回、同行した友人のへまじまが、なんと20年ぐらい前に、
電車で行けるあるハコで会ったdealerと似ていると言う。
前回のGold Coastでは、おれっちは、ぐちゃぐちゃにやられてしまった。
名前が、家内と同じだからビビってしまった。
いじめないでくれ。
ケ◯コは、面白いdealerだ。
Baccaratの条件を日本語で話す。
おれっちに気があるのか?
違った。
瞬殺。
いつでも、誰でも、日本語なのだ。
なんか勝てそうな気がしませんか?

〈この数字の意味はなんだ?!〉
日本は、冬である。
12月の第二週に秩父にゴルフに行った。
もう、寒い。
じゃあ、どうすんの?

季節が逆の南半球に行く。
The star Gold Coastにおれっちは、ゴルフクラブ一式を置きっぱにしてある。
こちらは、半袖でオケ。イエ~イ!ポカポカ・ゴルフである。
日本の真夏のゴルフは、根性スポーツ。
日本の真冬のゴルフは、グリーンもグリーン回りもカッチカチ。
ともにおれっちは、苦手である。
スコアは

「90」
今年のベストだ。
リゾートインチキルールだが。
90とは

9と10ではないのか?
Baccaratの神様が、仰っている。
しょげるな。Baccaratを打て!
初日にAUD30,000以上敗けたので、セトルも考えていた。

死んだセーラームーンの目に火が入った。
カッと目を見開き、むっくと立ち上がる。
出すぞ決め台詞。

「月に変わってお仕置きよ!」
おれっちは、THE DARLING casinoに向かった。
やらいでかっ!

〈降臨!angel eye 1710番〉
五月にbiscuit betでwinした時のcard番号だ。
順目を押して良し。
今回、久々にangel eye 1710番が、幾つか入っている。
他は、1805番。
1710番ほどやさしくはないが、最終的にはトントンになるcardと思っている。
1710番を信じて、勝負、betを上げてやる!

Bが、曲がった卓を見つけた。
Bの9目が出た。
切れた後、また、伸びている。
BBBBBBBBB
PPP
BBBB
次のbanker5目めは、鉄板だ!
AUD10,000をbankerにbet。
All banker、たま頭は、おれっちだ。
がしかし、この卓は、人気で、6人掛けに既に9人が座っている。
更にback betも来る。
告げる。
「same driver plz」
お兄ちゃんの張りは、AUD500。
お兄ちゃんは、二目めから四目めまで、今、三連勝だ。
行け!

がしかし、お兄ちゃんは、かすりもせずに敗ける。

バ◯野郎
Sorryぐらい言えよ。
おれっちは、ご指名されて敗けたら、必ずsorryと言っている。
「ごめんなさいは?!」
と言いたい。

「card!」
また、Bが伸びてきた。
飛び込む。
All banker、たま頭は、おれっちだ。
「same driver plz」と言わなかったので、
中華系player一同に驚く。
これは、おれっちのめくる権利だ。
もし、敗けたら、卓を離れる。
その覚悟だった。

〈one two three作戦〉
どうもあのポンコツコーチのせいで、double upで打ちたくなる。
それも3連勝だ。
がしかし、この張りだと3回の内のどこかで敗けると、
たねコマまで、失ってしまう。
Pで言うなら、1→2→4の3連勝を狙うのである。
うまく3連勝すれば、chipは、たね込み8倍になる。
がしかし、なかなか3連勝は難しい。
そこで、4を3にひとつ下げてみた。
すると3で敗けても、たねコマは、残っている。
3betは、大きいのでprogram上効果がある。
勝てば、たね込み6倍。どんと増える。
今回、一番大きいユニットは、@AUD5,000で挑んだ。
AUD5,000

AUD10,000

AUD15,000

厳しい。
All banker、おれっちのAUD10,000betに対してP→3+4=7。
ほらやっぱりみたいな中華系playerの冷たい視線。
一枚目をパチンと鳴らして開いて投げる。

「A」

二枚目は、まったりと絞る。
完全縦絞り。

脚あり。

「Not 4side」
解説を入れる。
3 sideなら敗けなし。

なにやら

ちょい下、真ん中に

マークがある!

7か8だ!
P→3+4=7に勝った!
そこから先は、見ないで、card をバシッと開いて卓に叩きつけた。
「8」だった。
B→1+8=9
中華系player一同wooOOO!
「イエ~イ!」おれっち。

更に追うバンヅラ。

BにAUD 15,000 bet。
One two three 作戦の仕上げだ。
All banker、たま頭は、おれっち。
driverも当然、おれっち。
だれも異議なしだ。
P→K+K=0
K+Kは、よく株式会社と呼ぶplayerがいる。
No pressureだ。
Bの一枚目パンッ、開いて投げる。
「4」だ。
半端な数字だ。
2 sideは、数が少ない。
縦でもまあ良し。
縦絞り。

脚がある。
2 sideが欲しい。

「Not 4 side」
今回は、3 sideは、ダメだ。
当然callは

「出すな、絶対に出すな!」
両端の縦の真ん中にマークを出すなと言っているのだ。
すると

低めの真ん中にマークが見えた。

これは

「5」だ!
「イエ~イ!」と言って、cardを開いて卓に叩きつける。バシッ!
中華系playerも大騒ぎ。

〈セトル〉
セトルは、12月24日だった。
開口一番、hostは、こう言ってくれた。

「Merry Christmas!」
Hostは、cashierに来る前におれっちの成績は確認しているのである。
生き延びた。戦場のmerry Christmasだ。しんみり)

2018年最終戦を勝利で終えることが出来た。

2019年もやらいでかっ!



続く


〈ps 1〉
この水もオケ。
Gold Coast空港
今度は、開封済みのペットボトルを持ち込んでみた。

通った!
「THIRSTY DARLING?」
とは、darlingのフロントでもらったペットボトルだ。
ここでは、売っていない。

〈ps 2〉
期間限定・サインしてきました!
SHOUGUN BURGERという店の店内に
「リゾカジ・龍次」とサインしてきました。
一応、店の了解は、もらっていますが、
サインだらけになったら、ペンキで消されるでしょう。
期間限定です!
お時間のある方は、plz confirm .
wagyu burgerが、うまいです。お勧めですね。
Las VegasのMANDALAY BAY にある「burger bar」を思い出させます。

〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目15-xx へんちくりんなレストランの近く



このReportへのコメント(全 6件)

2019/05/29(Wed) 10:01

beri

いつも楽しみしています。
勝利おめでとうございました!


2019/05/29(Wed) 14:48

龍次

beri様

コメントをありがとうございます。
命拾いを頑張ります。


2019/05/30(Thu) 10:42

マンタカ

龍次さん
いつも楽しく拝見しております。続編お待ちしてます。

見習ってRWMにてBライトを試しました。お咎め無いですね。
トリップであんな楽しみもイケますね笑


2019/05/30(Thu) 21:47

龍次

マンタカ様

コメントをありがとうございます。
RWMでcardから4桁の数字は出ましたか?
一発で「86」の所もありますから、気をつけてくださいね。
そのうちにそのレポートをアップします。


2019/05/31(Fri) 08:12

マンタカ

龍次さん
数字は見当たらなかったのですが、カード入れてた紙の箱に書いてありました。
今度はじっくり観察してみます。それにしても膨大な記号等が書かれていました(^ ^


2019/05/31(Fri) 20:03

龍次

マンタカ様

貴重な情報をありがとうございます。
私の記憶と同じです。
四桁の数字が出ないcardを使っているのは、
RWMぐらいだと思います。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: