リゾカジ カジノレポート

金龍麻雀娯楽場で勝負!

* マカオ 2019/ 09/ 23 Written by ポックデーン

コメント( 11)

先週日本への一時帰国の復路、澳門で一泊し麻雀をしてきました。
以前からマカオの麻雀がとても気になりいろいろ調べたけどあまり情報はなく、
このサイトで質問したところ何人かから情報を頂く事ができたので少しビビりながら打ってきました。

向かったカジノはゴールデンドラゴン。2階のカジノエリアに入ると早朝にも関わらず
2卓ほど立ってました。
店員にレートを聞かれたのでとりあえず一番低い300/600の台へ。

ちなみにこの台でもし自模あがれば皆から600ドルオール(1800B)さらに自摸のあとの中馬という
懸賞牌に該当すれば更に倍の3600ドルが一局でもらえます。一番低レートとは言えなかなかです。日本のフリーで打っても半荘で1万前後ですが、ここは一局5万円近く動くのでさすがに
気合が入ります。その他、カンをすれば皆から同様の祝儀が入るのですが、大ミンカンをさせると900ドルの支払いとなります。振り込みだと600ドル払いなのでカンをされる方がダメージはでかいです。

後はフリテン、役等一切ないので4面子1雀頭作るだけです。チーはありません。
取りあえず4000ドル分両替してスタート。±2000を撤退ラインに設定。

自動卓に着席、親がサイコロ振って開局、牌がでかくて重い!

第一局目:何もできずに迎えた終盤、下家が自摸って終局、中馬当たらずでー600ドル。

第二局目:絶好の1.4ピン待ちも他家同士が振り込み終局 ±0

第三局目:最初理牌してる時に發の対子を鳴くことができず痛恨のミス。
(この麻雀は小ミンカンの可能性あるのでションパイは取りあえずポンして小ミンカンに掛けるのが鉄則。もし4枚目を引いて槓すれば300x3=900の祝儀が入ります)
仕方ないので安パイにでもしようと思っていた發だったのが、最終的に1ピンと發のシャボ待ちになったところで対面から4枚目の發が!迷わず日本語で「ロン!」ついに澳門初アガリです。
対面から+600ドル。
すると店員がなにやらでかい声で誰かを呼んでいる・・・やってきた他の店員が笑顔で赤い封筒をくれました。中身は50ドル。なんの祝儀かよくわからなかったけど、あとで考えると三元牌で上がったら貰えるのかも?もしくは中国で縁起のいい「發」だけなのか?真相不明です。

初上がりで少し緊張も解れて座席に用意されたお茶を飲む余裕も。笑

続けてここで一人抜けて別の人が参入
第四局:新規参入者がいきなりの暗カン!-600ドル その後他家が積もりさらに―600ドル。痛い!

第五局:終盤に「1ピン」と「北」の単騎になりほんとは「北」で待ちたかったが、「1ピン」がションパイだったのでカンが怖くて1枚切れの「北」を手放し「1ピン」単騎
まあ無理だろうな~と思ったら上家から1ピンが・・・ラッキーな出あがりで+600ドル

ここまで―600ドル+祝儀50ドル。(実際はもらったお金の5%は店が控除します)

そして迎えた
第六局:まあまあの手が入り、何としても自摸上がって1800ドルもしくは3600ドル!と
思った矢先。自分の切った7萬に上家が「カン!!」 痛恨の―900ドル。
その後他家同士の決着で終局。

ということで―1500になったけど、この後自模られたりすると追加両替の可能性もあるので
ここで席を立ちました。

感想:とにかくスリリングで、日本のフリーで打つよりも何倍も緊張しました。でも香港人?澳門人?と麻雀をするという事がとても新鮮で楽しかったです。上がったり上がられたりしたときに広東語で「あーだこーだ」言ってるのもたぶん自分たちが普段麻雀しながら愚痴ってるのと一緒なんだろうな~とおもうと妙な親近感が沸きました。残念なのは醍醐味の「自摸上がり」や「槓」が出来なかったこと。
次回以降の第一目標にしたいと思います。

最後に、澳門のカジノ麻雀は他にどこかありますでしょうか?
以前見かけたホリデイイン(ダイアモンド)カジノはすでに麻雀エリアがなくなっておりました。
また、海立法や回力も見つけられませんでした。もしどなたか麻雀エリアを見た方おられれば
情報頂ければとおもいます。











このReportへのコメント(全 11件)

2019/09/23(Mon) 19:21

マリタイム

こんにちは。

海立方娯楽場の2階か3階に(ブレイしている人がいなかったとしても)雀卓があったと思いましたが、卓も無くなっていましたでしょうか。
3年前ですが、takanさんのブログには稼働していたと記録されています。
https://takan.blog.so-net.ne.jp/2016-05-24


2019/09/24(Tue) 10:50

ポックデーン

マリタイムさん

海立法で2階まで見たんですがなかったのですが、3階にあったかもしれないですね。
情報ありがとうございます。今度じっくり探してみます!


2019/09/24(Tue) 20:05

みやぎのささかま

海立方3階にあると思います.今年の春に通いました.
レートは100・200からなので,金龍より初心者向けかもしれません.
100・200だと中馬二枚開けるというルールでした.
高レートの卓しか開いていないときには,店が半ノリするという日本では無いサービスもありましたよ.


2019/09/25(Wed) 10:45

ポックデーン

みやぎのささかまさん

おお!追加情報ありがとうございます。やはり3階なんですね。
しかも100/200からあるとはいいですね。次回是非打ってみます!
店の半乗りってすごいですね。いわゆる勝っても負けても折半ってことでしょうか?
でも半乗りしてもらっても高額レートで打つのは結構痺れそうですね。笑


2019/09/25(Wed) 16:23

kai13

麻雀が好きなので興味深く読ませていただきました。

牌の取り出しはどんな感じですか?サイコロとかを最初に振るのでしょうか。
発声はポン、カン、ツモ、ロンが日本と違う言い方決まってるのでしょうか。
1局ごとに継続か終了を選べるのでしょうか。
参加できるようになればマカオでの新たな楽しみが増えそうです。
もしよければご教授ください。


2019/09/25(Wed) 19:25

ポックデーン

Kai13さん

牌はでかいですが自動卓なので日本と同じです。親(庄)札のある人が真ん中のサイコロを振って取り出しも日本と同じです。親のチョンチョンも同じ場所から自摸って切って開始です。手前の牌を前に出すマナーも日本と同じです。

発声はロンは確かゼックウとかゼックと言うそうですが、私は普通にロン、ポンと言ってました。カンも普通に通じると思います。
まあみんなそこまでハッキリ発声してない気もしました。ペースは日本のフリーと同じくらいなのでフリーでなれてる人にはさほど違和感はないです。上がった時ももらったチップから店員が勝手に5%控除してくれるので安心です。基本1局精算なので終局したら好きに席を立って問題ないです。日本のように店員にラス半を告げるとかは無いです。面子がかけたら店員が代わりに入りますが…流石に強い…気がします。 

牌を並べないので手出しツモ切りはいつも以上に意識しますが、でかい牌なので並べてなくても以外とパッと見て残り牌や生牌はわかります。もちろん並べなくても捨てる時に裏向きとかは駄目です。先ツモなんかも勿論駄目だと思います。強打はバンバンやってるおっさんとかいましたのでオッケーです。(笑)まあ日本のフリー雀荘のマナーを守ればほぼ問題無いと思いました。是非チャレンジしてみて下さい!!


2019/09/25(Wed) 21:45

kai13

ポックデーンさん

ありがとうございます。得体のしれないゲームというわけではなさそうですね。
ポンできるように対子温存し、出たら即ナキ、最終形はツモ狙いの両面以上、振り込みんだ時のデメリットよりはツモった時のメリット狙いで好形イーシャンテンくらいならぜんつっぱですかね。
チャンスがあったら是非チャレンジしてみます。


2019/09/25(Wed) 22:34

みやぎのささかま

ポックデーンさん

半ノリは,店が勝ち分も負け分も半分負担です.
例えば,最初に私が現金で2000渡すとチップ箱に4000入れてくれます.
最後に半分に清算する感じです.
私も向こうも怪しげな英語で交渉したので,最初は不安でしたが...

打牌を叩きつけるのは,日本ではアリエナイですが,慣れると逆に小気味いいですね.
捨て牌がすっ飛んでいくので,目が慣れないと何を捨てたのか見逃してしまいます.

海立方では昼12時くらいからメンバーが集まり始める感じでした.
長時間打ってたら,タダ飯が出てきましたよ.

日本の麻雀と違って刺激があって,また行きたいです.


kai13 さん

ぜひチャレンジしてみてください.
メンバーの打ち方を見ていると,結構丁寧に初牌を絞ってました.単に全ツッパではダメだと思うのですが,その加減が難しかったです.
あと,フリテンが無いので,日本とは手順がちょっと変わるような気がしました.


2019/09/25(Wed) 23:05

ポックデーン

みやぎのささかまさん

なるほど、先にチップで半分負担してくれるんですね。色んなルールがあるんですね〜
日本で覚えた麻雀だけど言葉が分からなくても同じ牌で本場の中華圏で打てるってのはなんとも言えない不思議な感覚でした。同伴者も日本人だから漢字やルールわかるだろ、みたいな雰囲気で日本人のルーツを感じるというか言葉では上手く説明出来ませんが…香港や大陸の漢字の看板を見ると感じる懐かしい感覚に近い物を感じました。私だけかも知れませんが…

Kai13さん

基本戦略はそれでいいと思いますが、日式の様に相手の点が高いからテンパイ崩してベタオリとかはまず無いです。でも相当な危険牌や終盤の字牌生牌などはテンパイ崩しても切らない事は店員の打ち筋を後ろで見てたら実践してました。簡単だけど結構奥深いゲームだと思いました。


2019/09/25(Wed) 23:31

ポックデーン

ちなみに鳴いた牌は日本の様に右に出して鳴いた家の牌を横にするのでは無くすべて左に縦に並べます。これがなんか右手で左に出すので違和感有りました。アンカンもミンカンも同じように左に並べるだけです。あと王牌は無いので最後までツモります。でもみなテンパイ速いのとツモ回数多いので大体決着がつく気がします。上がりとして七対子はないです。フリテンありですが同順フリテン上がりは無しです。


2019/09/26(Thu) 09:03

kai13

みやぎのささかまさん
ポックデーンさん

カン対策が重要そうですね。
捨て牌読みは難しそうなので初牌以外はツッパってみたいと思います。
ありがとうございました。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: