リゾカジ カジノレポート

1995年ニュージーランド③:オークランド

* ニュージーランド 2020/ 07/ 10 Written by マーク

コメント( 0)

オークランド到着。ホテルは初日泊ったクオリティホテルグループのローズパーク。
文字通りバラ園の横に位置している。都心部まではちょっとある感じ。

オークランドは港の町で海上交通が栄え、別名帆の街(シティオブセイルズ)と言われている。実際、ヨットなども多く停泊してて、美しい。

夕方にそれこそ、ヨットでのディナークルーズの予約は有ったが、それまではフリー。

お土産と、せっかくなので羊の製品を買う事に。何件か廻って良いお店を見つける。結構しっかりした作りのムートンのダッフルコート。まけてもらえてNZ$1,100に。当時、NZ$50円半ばくらいだったと思うので、6万円程度。デザインがシンプルで今でもたまに着るので破格の買い物だったと思う。真冬でもTシャツだけでも上に着ると全然寒くない。合わせてスキーに行く時用にブーツも合わせて買う事に。ブーツは200ドル位?。これも今だに履く事がある。裸足で履いても全然寒くない。

あと、洋服とかアウトドアグッズなんかも安くて良いものがあったので大量に購入。これがあとで大変な事に。。。。

買い物も全て済ませて、ホテルに荷物を置きディナーへ。最終日なんでサンセットディナークルーズ。

港からヨットに乗り込み。どうだろう。20人乗り位かな。ファミリー、カップル様々、結構乗っている。夕方の風がとても心地良い。沖まで出てアンカーをおろして、キャプテン自ら調理してくれる。クラムチャウダーみたいなスープからサラダ、オイスターの焼いたもの、白身の魚、スズキかな?のクリームソース掛け。どれも大変美味しく頂けた。これで確か、80ドル位だった記憶。100はいってなかったと思う。非常に満足。

食後にはすっかり暗くなり、甲板からオークランドの夜景を眺めながらクルージング。大変、優雅な時間を過ごせた。

楽しい時間は早いもので、もう陸へ戻る。桟橋から戻る最中に、現地の二人と仲良くなる。

少し話しこむ。二人はマオリで、オークランドへは学生として来ているらしい。名前を伝えるが、日本語は難しい。なので、Markと呼んでくれと伝えると、簡単で良いや、と笑われる。それから外国に行くとMarkになり、ハンドルネームもマークになる。

以下会話。

いつ帰るのか聞かれる。

”明日” ”まじか??” ”まじ”

オークランドにいつ来たんや?

”今日” ”まじか??短っか!” ”まじ”

という会話がされる。なんという事をする日本人だ。みたいなリアクション。なら、オークランドはどこを見たんだ?と言われて、どこも見てなくてこのクルーズのみ。と答える。

そしたら、二人は少し相談し、このままでお前を日本に帰すわけにいかない。もっとオークランドを満喫してほしい。自分は車があるので、これから観光地を案内する。と言ってくれる。とても良い人そう。

停めてある車を見ると、相当古いカローラ。日本で有名な車であることを伝えるとすごく喜んでいた。ただ、左後ろのドアは壊れていて開かないらしい。彼曰く、スチューデントカーと言っていた。日本であっても、学生で車を持っているだけ凄いが。

最初に行くのは、ミッションベイ。オークランドの東にある有名な所らしい。ライトアップされた噴水があり、綺麗なところ。その後は入れないけど、市役所や美術館を回ってくれる。そして、ワンツリーヒル、マウントイーデンに案内してもらう。オークランドの夜景が一望に。

素晴らしい景色。最後はホテルまで送ってくれて至れり尽くせり。良い友達も出来たし、ニュージーランド最高。その後、日本にいる外国人には積極的に声を掛けるようになる。その土地の人の親切や対応はその国の評価のポイントに加わることを実感する。


ニュージーランドを振り返ってみると、大自然が素晴らしかった。国としてもその自然や、固有の種を守ろうと様々な取組をしている。
トレッキングの最中に聞いた。何かの話の流れで、森の中とかここには危険なものはいないのか?とそうすると、ガイドは“LOST”。だけ。と答える。道に迷うのが怖いだけで、危険な動物はいないらしい。

あと、私は眼鏡をしていていつも、ほこりが付くので綺麗に拭くが、ここではほこりがつかない。空気が綺麗な事を改めて実感。

街はクライストチャーチが凄いよかった。いつか住んでみたいと思った。自身、海外で住みたい街NO.1獲得。

気持ちよく帰れることばかりがあったが、最後に思わぬことが、、、
空港でのチェックイン時、大量に買ったコートや、グッズを入れるために別にスーツケースを買って詰め込んだこともあり、超過料金を取られることに。そんなんあったんや。。
まあ、当たり前の話なのですが、過去そんな荷物を持って海外に行った事も、調べたことも無かったので、知らずショック。確か合計でNZ$200ちょっと取られた記憶。勉強しました。

まあ、それでも安く買えたことには変わりない。。と納得しながら帰国。

友達が出来たこともあり、その後、2年の間に3回行くことに。そして移住出来ないかとかも考えるも仕事が順調でまた超多忙になりとん挫。いつか長期の休みが取れたら再訪しようと思いながら現在に至っている。

行くなら、上記の3か所に行きたいなあ。だめなら、クライストチャーチとクイーンズタウンかな。。今なら、色々なアクティビティにチャレンジしなくても、クライストチャーチだけでも満喫できそう。




このReportへのコメント(全 0件)

コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: