リゾカジ カジノレポート

初めての澳門2010

* マカオ 2021/ 09/ 21 Written by マリタイム

コメント( 2)

こんにちは。初めて澳門に行った時のレポートを投稿します。

マリーナベイサンズ訪問から2か月、次はカジノの本場、澳門に行くことにしました。2010年11月20日(土)、関空からキャセイパシフィックで香港へ。「Macau(澳門快船)」の表示に従って進み、カウンターで予約便のチケットをもらい、エスカレーターで下に降りシャトルでスカイピアへ。初めての香港空港でしたが調べた通りにスムーズにいきました。ターボジェットに乗り、澳門到着は16時前。SJMのバスでリスボアへ行き、徒歩で外港方面へ戻ります。宿は北京街のメトロパークホテルマカオ(澳門維景酒店)。ホテルの向いに両替商、サナドサウナ(仙楽都桑拿) 、セブンイレブンが並んでいます。両替商で香港ドルを手にして、サナドサウナへ。17時までに入場したので店先の案内のお兄さんから「Happy Hour~!」の声が掛かります。店は地下でした。シャワーブース、サウナと続き、カラーボールを浮かべた浴槽に浸かり、ガウンを着て休憩室へ。リラックスチェアに座ると、インドネシア人店員がやってきたので、オレンジジュースを注文。中国人の女性マッサージ師が「(僕の左足を触りながら)20分、(右足を触りながら)20分」と日本語で言うのでOKする。椅子と道具箱を持って来てフットマッサージ開始。以後、同サウナでは、フットマッサージはこのヤンという女性にやってもらうようになりました。肩のマッサージも別の人にやってもらい、血行が良くなり体が楽に。免費(無料)のチャーハンとカットフルーツを食べて、しばらくするとドラマを流していたモニターがT-ARAのプロモーションビデオの映像に変わりました。これが、ショータイムが始まるという合図でした。なお、サナドサウナは、条例改正により、地下でのサウナ営業が禁止になったため2013年11月閉店。カーサレアルホテル(皇家金堡酒店)の中で営業再開しましたが、ショータイムなどの旧サナドサウナのスタイルは、ワルドホテル(華都酒店)の中の系列店「イーストスパクラブ(東方水療会)」に受け継がれている模様。

ショータイムが終わり、退店。Happy Hourで会計は2割引きだったはず。リスボア方面へ歩きます。

そして、リスボアホテル(葡京酒店)前から道路の向こう側に見えるウインに行こうとしましたが、亜馬喇前地のバス停までは行けても、そこから先は通路がなく進めません(汗)。付近を30分くらい行ったり来たりしました。そして、総統酒店の前まで来て、とうとう友誼大馬路を渡る横断歩道を発見しましたが、滅茶苦茶疲れました。本当、初めてのときは勝手が分からず、ちょっとしたことに物凄い時間と労力を要する場合があります。財神酒店の前から地下駐車場を経由してウインに行くようになるのは、まだ先のことです。

ウインはミニマムベットが高めだったので見学のみで、MGMへ。この頃は「MGM GRAND MACAU」が正式名称でした。プレイしたのはルーレットとブラックジャク(以下同じ)で、最初のセッションは−2000、2度目は+4000でした。

21日(日) 。MGMを3度訪れ、−1000、+−0、+−0という成績でした。プレイの合間にブランド店の集まりであるワンセントラルマカオや南湾湖沿いを散策。ウインの前で信号待ちをしている時、若い中国人の女の子2人から電話番号を書いた紙を渡されました。

22日(月)。高美士街を歩いて外港地区へ行きました。友誼大馬路の向こう側にはフィッシャーマンズワーフの唐城と火山がありました。数年後に取り壊されて、レジェンド・パレス・ホテルに変わります。海立方娯楽場の奥には、建て替え前の回力娯楽場があり、ダーリン1(打令浴室)のネオンが輝いていました。ダーリン1は回力娯楽場の建て替え時に、マスターズホテル(萬事發酒店)の中に移転します。

海立方娯楽場と金龍酒店の間の友誼大馬路に面した場所にあったヤオハン(新八百伴商場)は既になく、出入境事務廳になっていました。ウィキペディアのヤオハンの項(下記)に昔の写真が載っていて、写真はクリックすると拡大されます。

ヤオハン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AA%E3%83%8F%E3%83%B3#%E9%A6%99%E6%B8%AF

カジノは海立方でプレイしましたが−1000でした。娯楽場の外では、自分同様に金をすったと思われるオッサンが歩道の縁に座って煙草をふかしていました(笑)。

帰り道のホテル・ラン・カイ・フォン・マカオ(澳門蘭桂坊酒店)が綺麗でした。金龍酒店が買収したようで、今は澳門萬龍酒店という名に変っているはず。

リオ(利澳酒店)の派手なネオンも、眩しく光っていました。

23日(火)。徒歩で外港フェリーターミナルまで歩き、7時発の香港空港行ターボジェットに乗りました。空港での出国税の払い戻しも無事に終えて、帰国の途に着きました。



このReportへのコメント(全 2件)

2021/09/23(Thu) 23:16

BJバーガー

マリタイムさんこんばんわ

お久しぶりです。
9月も終わろうとして1年が早く感じます。
私ごとではありますが5%の壁を突破しました。
なんのことかってバカラのコミッションではございません。

昨年、9月18日に発病してから1年以上経過しまして
統計上ではありますが1年以内に再発して亡くなる人、重い障害になる人の確率が20人に一人
だったんですが、1年経過しても特に異変はございません。
悪運は強いのですがカジノにはいけません。コロナには勝てません。
いつでも行ける準備となっているのですが、、、、、
いつ行けることやら、、、、


2021/09/24(Fri) 00:05

マリタイム

BJバーガーさん、こんばんは。

ご健康で何よりです。コロナで亡くなる人もいる中、強運ですね。
僕も二度のワクチン接種終えました。

IRカフェに通われてはいかがですか。(今できることです)
ひたすら打たれごすという我慢の時を過ごすのも大事なこと。
もうすぐ、GO-TOも再開されるでしょうし、来年は海外に行けると思っています。☆


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: