リゾカジ カジノレポート

マカオバカラはやっぱり楽しいぞ 『greentea初勝利報告』

* マカオ 2008/ 11/ 10 Written by greentea

コメント( 4)

平場マカオバカラの苦戦報告が続く中、小額でも勝利したかった秋のマカオ。
リゾカジで過去のデータを整理することで戦いの精度が増し、勝利することができました。
ご指導いただいた皆様のお陰です。有難うございます。


研究の成果、新たな情報・変化について報告いたします。


--------------------------------------------------------------------------------

◆ 研究の成果 その1
「ある小カシノのミニマム100ドルテーブル。」

B B B B B P B B B B P B B P B B B B B B P B B B B B
さてさて、どこかでみたようなこの出目は?

そうそう、教えてのコーナーへでキャロ・ゴッドギャンブラーさんにアドバイスいただいた出目だ。
私自身は、七手目からバンカーへ千香港ドルで勝負し参加した。(ちょっと情けない額でした)
Pへ変化したあとのBと、この次の2つ目Bは厚く。(これは正に研究成果だ)

ご馳走様でした。
私一人のチョイ大勝利。
他のプレーヤーは見でした。


◆ 研究の成果 その2
「あるビッグカシノのミニマム300ドルテーブル。小路の青ツラが12手目ころから出現。」

今回は地元マカオの若い女性グループが、わたくしのベットを真似て付いてきてくれた。
絞りは彼女達にまかせた。彼女らは絞り勝ちに大喜び。
これが、もっとも良いパターン。(私はベットに集中できる)

私がベッド選択し、彼女らがまねる。
彼女らの一人がスクイーズ。親指をつきだしてのガッツポーズ。(アイコンタクト)
そして彼女らは私のベッドを待ってくれる。

7回連続ゲット。

最後はプレヤーシュウシュウで負け、目出度し目出度しの結果でした。
このあとPツラもとり大きくプラスでした。
シュー途中で私が席を立つと、彼女らはため息をつき、私を目でおってくれた。
(私生活ではありえない。笑)
J'sさんご指摘ありがとうございます。小路の青ツラいただきました。


--------------------------------------------------------------------------------

≪ 情報 その1 ≫


一攫千金。
マカオバカラのディーラーが胸につけるプレートには一攫千金の文字が!
(気づくのが遅いよ:自分の一人突っ込み)

ある早朝、ミニマム300ドルのスタートから始めたバカラテーブル。
7から8手目に超美人3名が中央に着席した。
大路、下路を読み合わせ3から4手おきにこれは絶対という場面で5千香港ドルを賭ける。
白くきれいな手でしなやかに絞り、勝つ。
しっかり3から4手勝ち獲り、一瞬のうちに1万香港ドル以上を得る。

貫禄の中年美人女性はどこかのクラブのママさんなのでしょうか?
取り巻きの高級なスーツを着た男性は、後ろに立ち、声をかけるのみ。
彼女らと同じような約1万香港ドルを持ちながら、1千香港ドルしか賭けぬ私の態度をみて、

ママ 「そんな風にみみっちく賭けて楽しいの?」

といった感じで話した。(そういったに違いない)
その言葉に、私達のテーブルで、小さな苦笑いが起きた。
15から6手目で出目が変わり、一手負けると、妙齢な美女軍団は早々に席をたった。
そう、マカオバカラは皆、一攫千金をめざし大きく勝負することが基本線なのだ。
(小額ベットの日本人:私は異質です)
(このあとgreen teaは独自のベットで勝利したんですがね)


≪ 情報 その2 ≫


やや停滞ぎみのミニマ200ドルのバカラテーブル。
二十数手目から私も席に着く。greentea流ベッド開始した。
数手一人勝ちし、さらにサンボウを2回連続してゲット。(2度目は各200香港ドル)
場は盛り上がる。私のプレーをみた地元のおじさんが英語で言った。


彼 「お前のプレーはいいよ。うまい、良い賭け方だ。」

しかし、彼は負け続け、ポケットから2~3万香港ドルを3度も出した。
(それでも彼は明るい表情。金持ちですね)
そして、勝ち始めた。


彼 「カンバックしたぞ。」
彼 「実は大勝負しようと思ったところでお前とベットが逆だったんで、小額ベットにしたよ。」
私 「すみません。」
彼 「こういう賭け方があるんだ覚えときな!」


(ここには書けませんが非常によい賭け方のアドバイスをいただきました)
(捨てる神あれば拾う神あり)

彼の褒め言葉で、自信を失いかけていた自分のプレースタイルに確信をもつ。
そして新たな武器を手に入れた。


≪ 情報 その3 ≫


英語の話せるピットボスとディーラーに日本人のプレーについて質問した。

私 「日本人のプレーは変じゃない?」
ピットボス 「全く問題ない」「日本人は静かでマナーがいいわ」
私 「私のプレー遅くない?」
ディーラー 「全く問題ない、心配しないで。」


つばを吐いたり、マナーの悪い大陸人に比較すると日本人は良いプレーヤーのようです。
(今までの自分のプレーに対する評価は、私の過剰な反応だったようで……、スミマセン)
(ただし私はまだ、一攫千金の精神に、時々反します)


--------------------------------------------------------------------------------

変化 その1


マカオバカラでプレーする人々はマカオ人・香港人・大陸人・その他(日本、韓国、シンガポールなど)に大別できます。
いままで私は変なプレーをする日本人という認識をされことが多かったのです。
しかしながら、今回は大陸人が私を香港人と勘違いすることが多々ありました。
(変われば変わるもんだ)
(でもさすがに香港やマカオのかたはそのような間違いはしないのでしょうが)


変化 その2


コーチ屋につかまりました。今回はお世話になりました。
でもコーチ屋が援助してくれたのは出目の指導ではなく、忙しくツラをドライブする私にたいする、水の配給や、バンカーウィンの際の小銭の整理でした。
さらに、強引な私は「PBPBPBPBPB」でドライブ途中あえてBの連続にベッドしたのです。
コーチ屋の彼女は見てられず一時退散。
しかし、しかし、Bを獲りました。(やった、一皮むけたか?)
2手後に負けましたが、この勝負をもって私の勝負服ユニクロシャツ・土建屋ズボンスタイルを止めることとしました。(一皮剥けなくては!)


変化 その3


今回は、罫線とは無関係のベッドを時々しました。
出目がはっきりせず停滞気味のときに三千香港ドルをかけると、デーィラーはモニターを振り向き、同席者は目を丸くしました。
でも、同席者は私を応援してくれました。(これもマカオの良い伝統)
でも、でも負けました。(笑)
(そううまくいくわけがない)


--------------------------------------------------------------------------------

平場のみのプレーで、ローローラーの私ですが、持ち金とほぼ同等の3万香港ドルの勝利です。
(まだまだ貯金はありますが)
これも、研究の場を与えてくれたリゾカジ管理に携わる方々そして快くご指導下さった皆さんのおかげです。ありがとうございました。

マカオバカラは非常に公平で刺激的なギャンブルですね。
(心はもう次のマカオへ……、うーん危険だ)
再見。



このReportへのコメント(全 4件)

2008/11/11(Tue) 00:00

J's

greenteaさん

勝利おめでとうござます。
私も11/7~9の間でマカオにいましたが、もしかして同じ時期にマカオにいたのですかね?

あまり小路の青にはこだわりすぎないで下さい。
どこでどう変わるかバカラはさっぱりわかりませんから。(笑)


2008/11/11(Tue) 00:00

greentea

J's様

コメント有難うございます。同じ時期にマカオにおりました。

サンズの平場にも、土日に顔を出してました。
お会いして、ご指導いただきたかったです。

小路の青は一時のはやりと心得ます。

額は一桁違いますが、私も見習って、連勝を目指します。
有難うございました。


2008/11/16(Sun) 00:00

ゴッドギャンブラー

greenteaさん

ゴットギャンブラーこと改名でゴットです。

初勝利おめでとうございます。

罫線の応用が見事決まったみたいで嬉しいです。

新たな罫線の法則をを見つけだしたら是非教えてください。

私も引き出しの数がたくさん欲しいので(笑)

なんかコメント記入していたらカード絞りたくなってきた(笑)


2008/11/16(Sun) 00:00

greentea

 ゴッドさん

 お久しぶりです。
 「教えて!」での、ご指導有難うございました。
 お陰様で初勝利です。勝つためには罫線研究は必須ですね。
 まだ、貯金は十分あるので次回も・・・・と思ってます。

 新たな法則が完成しましたら何らかの形で、是非ゴッドさ
んに報告いたします。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: