リゾカジ カジノレポート

リゾートワールド・マニラ 11月

* アジア 2011/ 12/ 09 Written by しゃんぱん

コメント( 2)

11月の第三木曜日はボジョレーヌーボの解禁日です。

通常は収穫したぶどうを破砕してから発酵させますが、
マセラシオン・カルボニック法(炭酸ガス浸潤法)という
破砕させずに自然発酵させてワインをフレッシュに仕上げる方法で作ります。

このワインは新種でも美味しく仕上がるので早飲みタイプになります。

というわけでガメイ種のボジョレー地区の地酒ワインを
美味しくサクララウンジで振舞っていただき一路マニラに向かいます。


もちろん名物のカレーもいただいてからね・・・。

迎えていただいたのは
シンガポールですっかりお世話になったリゾートワールドグループの
マニラです。

RWMは今年の1月に初めて訪問してから、そのホテルの設備が気に入っています。
どこの国でも空港とホテルの間の送迎は、勝手がわからず大変なのですが、出迎えが居てくれる場合だけは安心です。

特にマニラは悪質なタクシーが
多いことで有名ですから迎えがあるのはありがたいです。


ホテル マキシム に到着です。


いつもの像に迎えていただき
3階にてチェックインです。

設備が良いのに中々事が進まないのはいつものことです。
ソフト面がどうしても追いついていないのは
教育と伝統の差でしょう。

違う国に来たという、カルチャーギャップを味わうのも
旅行中だということを感じさせてくれます。(笑


3週間前に予約してOKもらっているのに満室だということで
何かもめているようです。(笑

ここはお友達がよく言っている
「不思議な国」なのですから何でもありなのです。(笑

ホスピタリティたっぷりの笑顔で
出してくれた飲み物をいただいていますと
やっとお話がまとまったようです。

「今晩はいいお部屋に泊まれます。明日は移動してください。」
上から目線の説明ですが、
どうもオーバーブッキング状態になっているようです。


本日はスイートを差額なしで提供してくれるとの事です。

隣部屋にベットルームがあります。

ウエルカムフルーツもいっぱいです。


ジャグジーも良い感じです。

まずはVIPルームにて
プログラムオープンです。

ここはとりあえず100万リゾ
デポジット
いたします。

10万香港$のチップをいただきます。

これで登録は終了です。

朝ごはんはビュッフェスタイルです。
朝食付きのホテルなので
朝食食べなくてもお値段は変わりません。(笑

前回宿泊したときに、
朝食抜きのお値段はいくらですかと交渉したので間違いありません。(笑


チキン・アドボはお勧めです。


フルーツも勢ぞろいです。
マンゴーが美味しかったです。

麺類も作ってくれます。


キッシュも美味しかったです。

おなかいっぱいになりましたので
プールを散策。

ファーファー君も満足です。

ここでのんびりサンミゲルビール飲ながら
お昼寝すると言うのも良いのですが、やはりVIPルームに直行です。

グリーンマンゴーシェイクをいただきながら、
そのさわやかな酸味に絞りの手も軽やかです。

韓国人と中国人の方々が
広いVIPルームにあちらこちらにいらっしゃいます。

日本人は私だけです。
今年からの開設ですからまだまだ知られていないようですね。
MINは1000HK$からですので気が楽です。
MAXは150倍までレンジがありますので
ゴッドストラトジーも大丈夫でしょうか?

さて、気合のボンバーカットで始めたシューですが、
勝ったり負けたりですが、
時々負けたり負けたりになります。(笑

そこに苦みばしった中国人登場。
カンフーのできないジェットリーみたいな方です。

このジェットリーさんは、赤いビスケットを二枚持っています。
赤いビスケットは1枚10万HK$です。
これを青いチップ10枚にしてもらいます。

まずは2枚置きます。

そのまま私に絞れといいます。
私は青いチップ1枚がオレンジ色10枚になりますので、
オレンジ2枚しか置いていません。


さくっと勝って、ジェットリーはそのままダブルアップ。

またも勝って今度は10枚置きます。

今度はジェットリーさんが自分で絞ります。

負けました。(笑

駄目じゃん・・・。




私はフラットベットでしたので2枚勝ちです。

今度は3枚置きました。


プレイヤー側でしたので
私はルックJTBです。

勝ちました。

ダブルアップ。

勝ちました。

ダブルアップ。

またも勝ちました。

私に向かってなぜ置かないといいます。


だってプレイヤーのツラですもの・・・。(笑

この後、プレイヤー5目の3本すだれになるのですが、

私は、もう置けません。

ジェットリーさんはどんどん置いて
あっという間に赤いチップが4枚以上になるのですが、
ここで3連敗いたします。

張りが大きいもので負けるときもあっという間です。

ローリングはすすみますが・・・。(笑

というわけで、3連敗した後は

結局、振り出しに戻ってしまいました。


私のほうがダイダイ色2枚多く勝っています。(笑

どうも罫線が青い色ばかりになってしまいましたので
止めることにいたしました。

香港$で遊んでいますと少しの勝ちでも、ペソ紙幣に代えますと
外の世界では大きく使い応えがあります。


1階のキャッシャーで1万円は5500ペソに代えてくれます。


さてホテルから、TAXIに乗って外の世界にお出かけです。
11月でも気温は30度。
入道雲がモクモクと湧き、日差しも見事な夏の日差しです。

すぐ近くの
モール・オブ・アジアに出かけます。

総敷地面積38万6,000平米というフィリピンどころか、
アジア最大のショッピングセンターだそうです。

吉野家発見~!

牛丼以外にもいろいろメニューがあります。


今はまだ来たばかりなので
メニューを楽しんだだけでスルーです。

気温30度の中でも
モールの中は冷房が利いていて快適です。

セキュりティの方でも拳銃を持っています。
商品持って走って逃げると撃たれちゃうんでしょうね。(怖

居ないかそんなやつ・・・。(笑




スケートリンクがありました。

そういえば、ジャカルタのショッピングモールにも
スケートリンクがありました。

暑い国の流行なのでしょうか・・・。

地元のレストランでお食事でもということで、
1945年創業のこのお店です。

「Max’S of MANILA」 

もちろん創業の本店はこの場所ではありません。

マニラをTAXIで走っていますといたるところにあります。

チキン唐揚げで有名なお店だそうです。


サンミゲルビールで唐揚げと思ったのですが、
モールのこのお店は禁酒だそうで、
カロリーゼロのペプシをいただきました。

もうひとつ

豚の脚の唐揚げもフィリピンの名物料理です。

「クリスピーパタ」と呼ばれるこの料理は
豚足を茹でたものを、さらに唐揚げにします。
表面の皮はパリっとクリスピーで
中の筋や軟骨のコラーゲンを含んだゼラチン質がねっとりした食感です。

これはビールに合うでしょう。(笑

スーパーでお米発見です。

TPPの行く末はいかに。


並べ始めは鮮度が良かったのでしょうが・・・。

このお魚はちょっと怖いですね。

このモールでは、ブランドショップというわけには行きません。

次にはマニラにもちゃんと
高級なものも売っていますよということで
アヤラ・センターに
TAXIで移動いたしました。


ここにはグリーンベルトというモールがあり、
ルイヴィトン・エルメスをはじめとして
ちゃんと高級ブランドショップがあります。

そしてランドマークデパートの地下には
ちゃんと庶民的なフードコートもあります。


ここでは「ハロハロ」というフィリピンのカキ氷をいただきました。



蝋サンプルかと思いましたら、
現物で並んでいるところが凄いですね。

日本円にいたしますと、
200円でステーキが食べれます。(味は未チェックです。(笑)

またもやTAXIでホテルに戻って来ました。

マニラでTAXIに乗るときは
ホテルから乗るときにはあまり緊張しなくてすみますが、
街中では、いろいろ気をつけなくてはいけません。

夜の空港から乗ったTAXIでホールドアップに遭ったとか・・・。

メータータクシーなのですが、
なぜかメーターを倒さないやつが居るんですね。

日本ではラッキーになるのですが、
マニラではいきなり吹っかけられます。(笑

もしくは行き先を告げると
メーターの二倍ほどを平気で言ったりします。

何回もフィリピンに来たことのある猛者にそのあたりを聞きますと、
吹っかけるようなやつのTAXIには乗ったらいけない。
すぐに降りて次のTAXIに乗るべき。

とか、
いきなり1/2ぐらいを言うといいとか言われます。(笑

相手も、とりあえず言ってみて
多く貰えればめっけものという気持ちらしく、
すぐにメーターどおりでいいとか、妥協するということです。

ところが、メーター通りで交渉がOKと思ってもそのままではいけません。今度は力いっぱい遠回りをいたします。(笑
ただでさえ、右側通行で変なUターン道路が多く、
渋滞も凄いので抜け道かなとか思っているといろいろな道を走るのです。
ま、それでもせいぜい50円100円の違いにしかならないのですが、
彼らにとっては、その金額が大きいらしいのです。(笑

ま、お昼の明るいうちは大体まじめな方が多いようですので
だいたい心配はないのですけども・・・。

今回はまじめな方にあたり凄いまっすぐに送っていただきました。

本日の走行エリアでしたら、
毎回の支払いは常に150ペソあたりです。
つまり日本円で300円しないくらいですので
注意点としたら、
出かける前にキャッシャーで100ペソ札や、
20ペソ札に両替しておくことですね。

さて、無事素敵なホテルに戻り、
お風呂でよく歩いた足を休めてから美味しい夕ご飯です。



本日のディナーは、ホテル内のレストラン
「IMPRESSIONS」です。


綺麗なお姉さんが迎えてくれます。


高い赤ワインもそろっています。

ここはビールが飲みたいところでしたがやはり
「萌え~」で・・・。


まずは前菜です。

ビーフカルパッチョをいただきます。

やっぱり生肉は美味しいです。

本日のスペシャル
ローストビーフをいただきます。

デザートもいただきます。



マニラで美味しい夕食をいただきました。

私たちは、こんな自動小銃で守られているので安心です。
敵じゃなくて良かったです。(笑



RWMでのお気に入りはマッサージです。

24時間頼めます。

日中はホテルのマッサージ係が来てくれます。


以前は2時間で2500ペソだったのですが、
外からの安い2時間600ペソの会社ばかり頼んでいましたら、
ホテルの中もなんと2時間700ペソになってしまいました。(笑

つまり、2時間しっかりマッサージしていただいて、日本円で1300円ほどになってしまいました。


深夜や早朝の時間帯は、やはり24時間体制で対応してくれる外の会社を取りついでくれます。

このマッサージをうけながら、
ついつい眠ってしまうというのが一番の贅沢のような気がいたします。(笑

一生懸命力を入れてマッサージをしてくれたお姉さんに、
規定の600ペソにチップの100ペソ。
それに毎日食べきれなく代えてくれるフルーツを差し上げますと喜んでまたねと帰っていきます。


リフレッシュして、VIPルームに出かけます。

またもやボンバーカットいたします。

途中で昨日のジェットリーさんがやってきます。

挨拶して一緒に絞ります。

相変わらず2万~5万ほどを置いています。

基本絞りたがりな方なので、
こちらは勝ったときにチップを手元に寄せるだけしかしていません。(笑


勝ったり負けたりするのですが、
3回続けて負けると別の台に移っていきました。

私も、負けのほうが多くなりティップが減っていきます。

ここぞと置くとやられます。

やばい展開です。



次のシュー。

ボンバーカットです。

PPPと3回続いて始まりました。

プレイヤーに置いてみました。
ディーラーが本日初めてのプレイヤー置きですねと、笑って言います。

ツーサイドにノーサイド。
片方について7です。


バンカーサイド絵札に8で、さくっとナチュラル8。

くやしい~!・・・だから・・・、Pには置きたくないのに~!(笑

ここでBに置くとまたPが三つくるんだろうな・・・。

ぶつぶつぶつ・・・。(笑


フリーゲーム、プリーズ。

さくっとナチュラル9でバンカー。

あれあれ。

とここでバンカーにベット。


さあここから快進撃です。

さくさくさくと勝ちます。


プレイヤーが8だとこちらは9。

相手が9だすと、こちらも9でタイです。


マカオは 6目で下につきますが、こちらは8目で下につきます。

ベットを下げて慎重にL字に持ち込みます。

9目目からは赤色が変わってL字の始まりです。

ここからは、Pは、1,2,3、止まり。

さくさくさくと15個までいきました。(そのうち2個がタイです。)

次に切れたときに大きな声で悔しがったら、
別の台で絞っていたジェットリーさんが飛んで来ました。


アイヤー!

切れたときにくるなんて・・・。(笑

それが今回のジェットリーおじさんの運だったのでしょう。

その後も、基本バンカーシューですが、
十分いただきましたので終了にいたしました。

外では何しろ使い応えがございますからね。

ぶっ続けで3日間マッサージする代金が出ました。(笑

マニラにも世界遺産があります。

城壁の街である「イントラムロス」の中にある

サン・オウガスチン教会「San Agustin Church」は
フィリピンのバロック様式教会群 として登録されています。


1599年から1606年に建造されたフィリピンで最古の石造りの教会です。

この城壁の街に行けば、スペイン建築が見られます。

イントラムロス内には、世界遺産のサン・オウガスチン教会以外にも、
カーサ・マニラ博物館、マニラ大聖堂、サンチャゴ要塞、リサール記念館などが見学できます。

初めてフィリピンに行ったのは2008年2月でした。

あれから今年になるまで再訪しませんでした。

あの時はバロット(孵化したタマゴ)食べに行きました。(笑

そして、ハイアットに泊まりました。
理由はカジノがあるホテルだから・・・。(笑


もちろん今もあります。


暑い世界遺産を見た後は、冷房の効いたところで涼まないといけません。
  
かかったTAXI代とご飯代は稼ぎに行かないと・・・。(笑


下の階はフィリピンペソテーブルですが、

上の階では米国$で遊べるテーブルがあります。
20$テーブルから、待ち構えています。

ここでお友達と一緒に
まったりと晩御飯代を稼ぐつもりです。

うまい具合に二回続けて負けないシューにあたり
大きく勝利と思いましたら、
ティップが米国20$単位だったので清算しましたら、わずか150$でした。(笑

もちろんこれで食事代が出ました、。(笑


ハイアットホテルのそばには
ロビンソンモールがあります。

さてお店は
ハイアットの前の「日本橋亭」です。
新しく広い店内なのですが、
すぐに満席になり、すぐにウエイティングになりました。

早く行ってラッキーです。


やっぱり間違いのないのはサーモンです。

それに日本からのしめ鯖。


焼き鳥は日本みたいです。


サケのカマ焼きではなく頭焼きですね。

烏賊の一夜干し。

微妙なものが入っていますが食べると美味しい五目釜飯。炊き立てです。


うな重まであります。


もちろん、サンミゲルビールをお代わり・・・お代わり・・・。

写っていませんがカツ丼を食べられた方も居ます。

そして一人1000ペソ弱(2000円弱)でおなかいっぱいです。

TAXIでホテルに帰りますが、

まずはLPガスを入れます。

それも500円分・・・。

お客が付かないと入れられないのかも・・・。(笑

朝ごはん美味しいのはいいのですけど
やっぱりついつい食べ過ぎてしまいますね。(笑


焼きたてのミニピザなんかもあります。

今回泊まったMAXIM ホテルには、
小さいながらもニューポート・モールというモールも付属しています。
ホテルのレストランに飽きたら、
各国料理が用意されているレストランで食事もできます。


そして中華はやっぱりこのお店。
「PASSION」という名前ですが、
「風水廷」という中国名の名前も付いています。

活きてる海老もさっと茹であげてくれます。

中華系のお金持ち用にしっかりした料理人が頑張って作っています。
しかも安いです。


前菜の盛り合わせです。このくらげがお気に入りです。

そして、もうひとつ忘れてはいけないのがこのお店。

その名も「GINZADON」
日本料理と韓国料理のお店です。


しっかりおつまみが無料で出てくるのが

韓国式ですね。
これでサンミゲルビールをいただけます。


刺身の盛り合わせですが、いつも雲丹だけは大盛りです。

キムチチゲ頼んでみました。

本場みたいに辛かったです。(笑


ホテルの中だけは間違いなく快適に過ごせます。(笑

カジノのありがたいところは
送り迎えをしていただけることです。

空港の長蛇の列に引っかかりますと
たとえ2時間前に空港に到着しても、
間に合うのかな?と考えてしまうほどですが、
RWMの係員のこの方が、お手伝いしてくれて、
ショートカットさせてくれます。
出国の書類もさっと書いてくれて、いたれりつくせりです。



フィリピンでの最大の注意点は、
ペソ紙幣の持ち出しについてです。

フィリピンでは、10000ペソ(約18000円)以上のペソ紙幣の持ち出しが禁止されています。

もちろん日本円や、米国$紙幣はいくらでも持ち出せます。
カジノでしっかり勝って大いに持って帰りましょう。

なぜか、ペソ紙幣はいけないのです。

したがって、ペソ紙幣をしっかりと捜索されることになります。

帰国前にしっかり残ったペソ紙幣は両替しておきましょう。


この方が、RWMの送り出しのプロ。
元JALのスチワーデスさんです。
日本語ぺらぺらです。出国の手伝いをしていただけます。


こじんまりとしていますが、サクララウンジもございます。
最後にサンミゲルビールをいただいて帰国いたします。
帰りは3時間半ぐらいで成田に到着いたします。

楽しかったです。

また、来たいと思います。


リゾート・ワールド・マニラ Resorts World Manila


*このレポートはリゾカジ.SNSの日記を転載したものです。



このReportへのコメント(全 2件)

2011/12/09(Fri) 20:44

madamada

しゃんぱんさま

B級グルメ大好き、madamadaと申します。私の投稿にコメントして戴き有難うございました。
諸所の事情により、こちらで御礼申し上げます。

以前、セブには行ったことがあるのですが、RWMもとても良さそうですね。
しかも1万円が5500ペソって――――――凄い!以前私が渡比した時は1万円3800ペソでした。
madamadaでも、B級グルメではなく、文句なくA級グルメに手が出せそうです(笑)
700ペソのマッサージも魅力的です。2012年、「初モノ」カジノの有力候補になりました。

madamada


2011/12/19(Mon) 09:55

しゃんぱん

madamadaさん

コメントありがとうございます。


円高のおかげで、日によりまして

5610ペソで交換していただいた日もございます。

円の威力は強いです。

2012年の初打ちは
このRWMで第二週末になりそうです。
暖かいマニラでのんびりいたしたいです。


コメントの投稿

投稿するにはログインが必要です。
会員登録がお済でない方は≫コチラ

PASS: