近くにええとこある③・・・犬鳴山温泉

犬鳴山温泉(いぬなきやまおんせん)。大阪府の南、住所は泉佐野市で和歌山の県境に近く和泉山脈のふもとに位置。

AMラジオで流れるCMでしか名前を聞いたことが無かったところで、こちらも近い場所にあるが来るご縁がなかなか無かったがこちらも、少し日が遡るが行ってきた。

泉州の仕事関連で、泉佐野市にお邪魔した時に知った、キャラクター”イヌナキン”。泉佐野市が結構推している。南海泉佐野駅前の観光情報センターには名所名産の案内が色々あり、様々なグッズや、名産のタオルにもイヌナキンがデザインされていたり、かなり推されてた印象。なんと、ゆでたまごさんが描いている。

https://inunakinn.com/

実は市役所にもお邪魔した際には等身大パネルが置いてあり、浸透しているのだろう。ゆるキャラにしてはマッチョで強そう。そんなイヌナキンだが、いろいろ調べていくと犬鳴山ってそういう由来だったんだ。と感動。

温泉の後にお邪魔した七宝瀧寺のWEBサイトにその由来が書かれていた。

https://inunakisan.jp/about

 

犬鳴山温泉ですが、日帰り温泉もいくつかあるようですが一番有名?そうな不動口館というところに行く。

 

 

すごく綺麗なつくり。崖沿いにたっているのでここから降りていく感じ。室内風呂があって一旦外階段で下に降りて、外部に接している温泉にはいる。山と川が見える。素晴らしい景色。

 

 

私の勝手な露店風呂の好きランキングの上位の要素は、外部に向かって遮るものが無いこと、川沿い、海沿いなどは加点ポイントが高い。

余談ですが日帰り温泉で自分的海沿いランキング一位は長崎県の小浜温泉、”海上露天風呂 波の湯 茜”。海沿いで下はすぐ海、前は海だけ。遮るものは無し。天気も季節も良かったのもあるが、記憶の中で総合的に素晴らしかった。

この不動口館、露天風呂付の客室で泊まる事も出来る。当地の名物、犬鳴ポークの鍋などのコースや季節の懐石料理なども頂ける。

お昼ご飯とお風呂みたいに利用も出来るので、落ち着いたら今度、昼食とお風呂におかんと伯母を連れてこよう。

と、温泉紹介だけではなかった。その後、近くの七宝瀧寺にお参りに行く。

温泉+お寺、神社、などが最近の定番になっていて、身体を洗いお参りし、心も体も整えれて良い事だと思っている。

 

 

この七宝瀧寺は真言宗犬鳴派総本山のお寺で、字のごとく周りに7つの滝があり、日本遺産100選、大阪みどり100選にも選ばれている。

 

 

この荘厳な場所、数多くの行者が訪れる修行の瀧だそうだ。

 

 

訪れたのは夕方16時を過ぎていたので誰もいない。それだけに余計に静けさの中の瀧の音と沢の流れの音で厳粛な気分になる。

 

 

清々しい気持ちにで帰路につく。

 

後日この七宝瀧寺のWEBページを拝見したが、言葉が適切ではないが恰好良い。そこに書かれているが、瀧行も含めた一日体験があるよう。月に1日だけ。まだ一度も瀧行の経験が無いので一度トライしようと思う。

 

 

 

 

 

近くにええとこある②・・・マーブルビーチ~お魚食堂こたや、さん

大阪にも美味しいものや見どころがいっぱいあった事に今更ながら気づく。

少し前の話だが、りんくう方面に行った時にマーブルビーチという名前のビーチに立ち寄る。以前紹介したアーバンキャンプホテル

https://www.resocasi.com/blog_ircafe/2020/07/03/

のある泉南りんくう公園を実際に見に行こうと思っていたところだったが、関空大橋のふもとにある公園で良さげなのでビーチ沿いの駐車場へ。

 

 

一帯は大理石の小石がちりばめれれとても綺麗。海の水も思っていた以上に綺麗で夏場なら泳げそう。

関空大橋の全景が見れ、通常だったら結構な頻度で離発着する各国の飛行機が眺められる。ここの夕焼けは絶品らしく、カップルなどのデートスポットにもなっているよう。

http://rinku.osaka-park.or.jp/sunset

 

 

その近くに、海鮮丼をはじめ海のものを中心に食べさせてくれる、こたや。さんがある。

 

 

大阪市内に向かって、車で5分もかからないほどでしょうか。以前釣りにきた食品コンビナートの南西。大きな駐車場がありお店も広い。入口では徹底して検温と、アルコール消毒、席も離れていて、対面席にはビニールのシートで遮断されている。若い店員さんだったがきびきびしていて気持ち良い。

 

 

お店のWEBページから。メニューを見るととにかくボリュームに比べて安い!!

こたや:https://ka7n705.gorp.jp/

 

 

名物の生しらすも食べられて、追加を頼んでも一人2,000円あればお腹いっぱい。

 

 

この刺身定食に、アナゴの天婦羅を食べる。全部うまいが、すこし炙ったイサキがメチャ美味かった。

とにかく泉佐野市、素晴らしい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近くにええとこある①・・・有馬温泉

有馬温泉。大阪からは近い古くからある温泉街。我々には炭酸せんべいのお土産と、♪有馬兵衛の向陽閣へ~ のTVのCMでなじみが深い。

が、近いがゆえに行くこともあまり縁がなくて、原付の免許を取った時にあちこち行った時に寄ったきり。もう30年以上ぶり。

すこし前の日曜日、日帰りの温泉でも入って炭酸せんべい買えたら良いかって、軽いノリで出かける。

日帰り温泉が結構あるが、時間帯が限られていて見つけたところがこの“康貴”。こじんまりとした旅館ですが夕方まで入らせてもらえる。

 

 

有馬温泉では、金泉、銀泉と2種類のお湯がある。

 

 

 

茶色く濁った金泉と透明な銀泉。そんなに大きくはないがいい感じのお風呂。

新型コロナの影響で5人の制限があったので少し待って入浴。

以前に信州で入った時のこんな茶色の温泉は肌に差すような痛みと硫黄のにおいがきつかったがここは痛みもにおいもほとんどなく滑らかな感じ。

充分にいいお湯を堪能した。

 

 

そして、ありまサイダー“てっぽう水”という名前の炭酸サイダー。

1908年に湧き出る炭酸水に味をつけて発売。ガラス瓶にコルクで栓をし、あける時に勢い良く飛び出すことから、てっぽう水と名付けて、瞬く間に人気商品になったらしい。

風呂上がりに飲むサイダーはとても美味しい。のど越しいいかんじ。

そのあと近所を散策。色々お土産物屋さんが並んでいて、炭酸せんべいはじめ、温泉まんじゅう、いろいろ買い食いできる。

こじんまりしたしたところだが風情もあっていいですね。歴史ある感じ。

 

 

滞在3時間くらいですが満喫できた。

 

 

 

やせなあかん④・・・・停滞

体重を落とすのが順調に進んでいたが、食事、運動の状況が変わらないのに、この一週間、以前ほどの減少幅がなくなった。

 

 

食事も押さえて、1万歩歩いて、サウナに入って3~400g落としても次の日、同じ体重。

あれ?どうなっているのか?

ダイエット 停滞 で調べると結構出てくる。身体が代謝を抑えて体を保とうとするらしい。超省エネの状態のよう。へー。人間のからだってすごい。こうなるんですね。。

あと昨日、気が付いたが腕の筋力がめちゃ、落ちている。いつもは車で行くスーパーでトマトジュース4本+もろもろ買ってレジ袋に入れてもらって、10分ほど徒歩で帰宅。すぐに腕がだるい。。

あれ?こんなにだるくなる?なんで?

よく考えたらこの2か月の食事制限のせいか。。そうとう筋肉が落ちているみたい。

運動や筋トレしないと、代謝が上がらないのでだめらしい。お腹が気になっているので腹筋は結構やっているので少し出来るようになったが、腕立て伏せを久しぶりにしたら。

あれ?ぜんぜん出来ない。。。持ち上げれない。。。

やば。おじいちゃんになったような気分、腕の肉のやわらかさ。やわらかいというよりは張りの無い状態?

これから少しづつ、腕立てとスクワットをします。また後輩のMr.マッチョさんからのアドバイスで懸垂もするようにします。笑