韓国8月限定ビザなし渡航・・・K-ETA申請した!

 なんと急な展開。8月3日夕方。

8月に入っているのに、8月限定で韓国へのビザなしの渡航が出来るようになるとのニュース!

素晴らしい。

8月2日までは、観光ビザを所得すれば渡航できたが、大阪の領事館は予約必要で、すぐにいっぱい。8月16日に予約受付再開で、22日以降が最短。1か月以上先の航空券が必要なので、最短でも9月23日?以降。商用ビザは金曜日に予約なしで申請できるのだが、一日50人限定。先週は08:00の整理券配布時点でもうオーバーだったらしい。なんとすごい。

それを知っているだけにこのニュースはすごい!

渡航に必要なものの詳細は未だ把握中だが、今のところでいるものが、

・渡航72時間前までに申請するK-ETA(電子渡航認証システム)

・出発48時間前のPCR検査か24時間前までのRAT専門抗原検査の陰性証明

・出発前のQ-CODEなる、検疫の事前入力システムへの登録

・エアチケット発券

・仁川空港到着後(入国1日以内)のPCR検査

・日本帰国72時間以内のPCR検査

と、ざっとこんな感じかと。

そして、早速、K-ETAの登録をした。実際20分くらいかかったが、申請完了19:07で完了のメールが来たのが19:13で承認のメールが20:06でした。素晴らしい。サイトに戻ってリザルトのところにパスポート番号、生年月日入れると、ちゃんと完了して名前からパスポート番号など登録した情報が出てきて、今日8月4日から2024年8月2日までの期間使えると記載。

申請は

Korea Electronic Travel Authorization website > K-ETA

からか、アプリからか。アプリはK-ETAですぐ出てきました。

用意するものは、PCでするなら、パスポート写真(300KB未満)、顔写真(100KB未満)、クレジットカード、宿泊先などの住所の郵便番号と電話番号でしょうか。

アプリは途中までやって固まったのですが、画像が無くても進めて行ったら、パスポートを読み取り必要項目は勝手に出てきます(すごい)、顔写真も途中で撮れるます。

最後、クレジットカードで支払い₩10,300を支払ったら、最後24時間以内だったかな?完了したらメールする。と出て、

6分後に完了メールが来て、約1時間後に以下の承認のメール。

とりあえず、受け付けてもらったので、あとチケットを取って、PCR検査が陰性なら行ける。さて、いつ行けるか。。行けるのか。

まだやってないが、Q-CODE のリンクです。

Q-code – Quarantine covid19 defence (kdca.go.kr)

クリスマスイベントと再会

 IR cafeでフライデークラブ主催クリスマスイベントが行われた。

感染対策を行いながら少人数での開催ではあったが大いに盛り上がった。

小一時間の軽食、歓談の後にMCミウラの司会進行の元、バカラ大会の予選が2回に分けて行われ、その後、協賛豪華景品が当たるビンゴ大会、決勝大会が行われた。

バカラ大会は最初、静かな滑り出しも、回を経て罫線が進んでいくうちに、だんだん盛り上がり、お金もかかっていないのに海外でのバカラ大会と同じような盛り上がり。“みんなほんまにバカラ好きやなー。”という印象。笑

 3時間の時間はあっという間。

参加頂いた方ありがとうございました!

その日はイベント終了後、

古くからのリゾカジメンバーである方も声を掛けたらお友達を連れて参加頂いてたので、イベント後はポーカーをやりたい。てことでリングゲーム。あーだ、こーだ言いながらまったりと楽しんでもらえました。この方もともと根っからのバカラ、ハイレートスロッターの方ですが、ここ最近、アプリゲームでポーカーを始めたらしい。オンライン (無料ゲーム) しかしていないのでライブでやりたいとの事。でも、アプリのハンド数を見ると、なんと2万ハンドを超えている。驚愕。ライブよくわからん。など言いながらですが、ベットサイズや、ポジションごとのアクションなど考えておられて他で勉強しているやん!って感じ。さすが!

楽しんで頂いたみたいですが、夕刻ホテルへのチェックインとお互いに食事があるからと、又の再開を約束してお別れ。

その後、遠方から違う別の戦友?が大阪にお越しになるとの事で食事の予定があったが、それをお聞きになり大御所の方も参加してくださる。久しぶりにお会いできてうれしい。

食事をしながらのカジノ談義は最高の肴ですよね。あ、もちろん食事もお酒もおいしかったですが。。

その後、IR cafeにご一緒頂き、遊んでいると先ほど分かれた方が、バカラしよっかなー。と戻ってこられ、ばったり、皆さんお互いよくご存じの様で、“おっー!!”となって、再開を祝してバカラで大盛り上がり。マカオでしかあったことがないのにここで会えるなんて!!双方にお話をしていなかっただけに、素敵な再会に立ち会えてよかったです。

その後も色々お話をし、楽しい時間はほんと、あっという間に終わる。

年明けの再開を約束して解散。来年、いい年になる!!


㊗300投稿!!

祝、300投稿。始めて3年半。だからどうとかいう訳では無いが、、笑

でもまあくだらないことを含めて続いているものだと自分に関心。。

さて、緊急事態宣言も解除されて新規感染者数も激減。少しづつ日常が戻ってきている感じがしますね。海外も動き始めたら早いのではないかと思ってます。

300回の記念だから何か書く事がないかと考えていましたが、先週超久しぶりに出張があり東京へ3月からの7か月ぶりの飛行機で。仕事や知人、お会いする事が伸びていた方たちにお会い出来ました。その時に珍しい出来事が。。。

 あい変わらず、JALで伊丹羽田に搭乗。ラウンジも久しぶり。ビールもつまみも我慢。15分くらいの滞在でしたが、座って窓越しに飛行機を眺めるだけでちょっと感動。夕方の移動だったので、景色を見ようと予約していた窓際の座席に着席します。

窓の外を見ながら程よい加速に揺れながら離陸。何度乗ってもあのエンジン音が変わって加速とともに背板に押し付けられる感じはいいですよね。

大空を満喫していたが、あっという間に、下降し始める。

その時にふと窓の外を見ると、同じJAL機が近づいてくる。少し下の高度ですが、え?このまま近づきすぎたら危ないやん。どこからの飛行機か、Flightradar24で調べると千歳からのJAL514便のもよう。

結構近い。ちょっとドキドキしたが、どうやらこちらのJAL124便は34Lに、千歳からのJAL514便は34Rに着陸する模様。

房総半島で近づいて、木更津上空から海ほたるを見ながら並走。久しぶりに飛行機に乗って、こんなタイミングにまたまた感動。ずっと動画を撮ってしまいました。前の席の方も同じように撮られていた。

こんな感じのアプローチだったようです。

羽田空港をけっこう利用しておりますが、こんな経験は初めて。後でYouTubeとか見ると同時の離陸も着陸もあるのですね。

久しぶりに飛行機に乗れてテンション上がっていたところに、こんなほぼ同時の着陸が見れて、あ~やっぱり飛行機いいですね。。

しばらく一人で感動していた。笑

早く海外にも行きたいですね。

㊗IR cafe 3周年!!イベント

 この8月31日でIR cafeが3周年を迎えました。

これもひとえに皆様のおかげです。近隣からお越し頂いている皆様、イベントごとや何かあったら遠方からもお誘いの上、来てくださる皆様、いつもありがとうございます。

 しかし直近の1年半では新型コロナ感染拡大防止の要請による一時休業や時短営業で安定して開けておくことが出来ない時期が続いております。
飲食業全般に言えたことですが、蔓延し始めた昨年の春先には全く先が見えない状態でした。

ただ最近の情勢的にはワクチンの浸透も進み、俗にいうwithコロナという状態での経済活動の再開、活性化の兆しが見えている部分もあります。

 第5波も沈静化の傾向にあり、このまま新たな波は来ずに収まってほしいものですね。

さて、この3連休ですが、3周年記念のポーカートーナメントを開催致します。

奥のVIPルームも拡張し、テーブル数も増えておりますのでお時間がありましたらお越しください。

今後もよろしくお願いいたします。

IR caféさん (@ircafe_osaka) / Twitter

ワクチンとワクチンパスポート申請!

先日、2回目のワクチンを接種してもらった。

接種自体1回目と変わらずほとんど痛みは無かった。多くの方に発熱などがあると聞いていたので、タイレノールと酷くなった時用にロキソニンを用意。

接種後12時間程度経って少し熱っぽく感じたので、タイレノールを1錠とポカリをがぶ飲みして就寝。いつもエアコンを2,3時間タイマーでかけて寝るのだが、早朝4:00頃、寝汗とともに起きる。チェックするも痛みとかはほぼ無し。でも熱っぽい。さほどでは無いのでタイレノールを更に1錠。2度寝の後、いつも通りに起きて仕事の準備。翌日翌々日朝までは、少し熱っぽくて、だるかったが薬を早めに服用したせいか酷くならずに済んだ。

めでたく?2回目が終わってシールを貼ってもらったので、早速ワクチンパスポートを申請する。うちのエリアは郵送の受付らしい。以前見た時は、Webページには、VRSの確認で2か月、場合によっては3ヶ月かかる場合もあると記載されていた。何のためのシステム?と思っていたが、申請の時に見たらその時期の記載は無くなっていた。だれかが言ってくれたのだろうか。

申請用紙と接種記録とパスポートのコピーを返信用の封筒を同封。

さて、届くのは何日かかるか。

リゾカジの仲を良くさせて頂いている医療関連の方は、26日の申請開始とともに窓口に行かれたら即交付して頂けたらしい。申請者が少ない。とは仰っていたが、素早いご自身の動きと、行政の対応。

 

 

 

★ IR cafe リニューアル!! ★

IR cafeがリニューアル!!

大阪の緊急事態宣言を受けて、現店長を中心に休業の期間内に改装工事をすることになった。

改装は、VIPルームの拡張。

昨年からの新型コロナの影響で顧客層も大きく変わり、またバカラ等をプレーするVIPの顧客層にも個室でゆっくりとプレーして頂けるように。という事になった。

具体的にはVIPとホールを区切る壁を約2mホール側に移動。IR cafeの象徴のS字ソファは半分に分かれるところで分けて上手く配置。VIPルーム内に、バカラテーブルと、BJテーブルを置き、ちょっとした食事が出来るスペースを確保。

さらに床の塗装がずいぶん剥がれてきたので、全面的にタフコートを4度塗り。

先日、間接的に照明を入れていたLEDテープも全面的にやり替えたこともあり、すべてが元の輝きに戻る。こんなに綺麗かったんだ。。というのが正直な印象。少しずつ、照明が切れていたり、床が色あせていたりしても気づかないもんだと改めて感じる。

この緊急事態宣言の休業期間中を上手く使って改装ができた。

 

▼ 詳しくはお店ホームページへ

http://ircafe.jp/about_us/

 

 

 

 

 

 

久々の映画

ローランド・エメリッヒ監督  ミッドウェイ

なかなか行ける状況でもなかったのもあり、ここしばらく忙しかったりもあり、やっと見れた。9.11公開で今までやってくれていて良かった。

映画館で見れて良かったという素直な感想。迫力があった。結果は分かっているのに違う結果にならないかと思いながら見てしまう。違う結果でも現在が変わるわけでもないのに。と思うように引き込まれる映画だった。

あと印象としては、すごくフェアに双方描かれていた様に感じた。知らなかった戦中のアメリカの日本に対する印象。

鑑賞後、普段は映画を見ても見る事のない公式サイトも覗いた。メイキングも含めてなかなか見どころがあった。出来れば、しばらくしてもう一回映画館で観たいと思う映画だった。

 

話しは変わるが、次に映画館に行くのは、007の NO TIME TO DIE。

11月20日公開予定。昔のシリーズも複数回見たものも多いが、カジノロワイアルはDVDもすぐ買って20回は見ている。

ボンド憧れる。。笑 バトルのシーンはもちろんだが

モンテネグロへ行く鉄道の食堂車のシーン(実際は違うらしいが、乗りたい。。)

ホテルのチェックインのシーン(2か所とも)

4人のオールインでのラストのシーン

最後、ホワイトを追い詰めた時の立ち姿、スーツの着こなし。

そこで入るエンディングテーマ。

かっこいい。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IR cafe 2周年 感謝祭開催!

おかげ様で IR cafe は早くも2周年を迎える事が出来ました。

皆様方には日頃より、ご愛顧賜り誠にありがとうございます。

さて、この連休に感謝祭としての様々なイベントが行われます。

 

 

以下からもご覧いただけますので、よろしくお願い致します!

 

FaceBook

https://www.facebook.com/IRcafe.osaka/

 

Twitter

@ircafe_osaka

 

AJPCのマスク!!

AJPCのマスク。

 

 

 

300円以上募金をすると1枚貰えて、募金は全額、毎日新聞を通じて新型コロナ感染対策支援募金として寄付をするとの事。

早速一枚、購入させて頂いた。

 

 

カジノの戦績(過去)・・・ニージーランド編

上げ忘れてました。。。

ニュージーランドは1995年に行ってから合計3回の渡航。

一時は移住したいと思うくらい素晴らしいところ。海外での住みたい街ランキング1位はクライストチャーチ。思い出深い所もあるが、古くから英国の影響もありガーデニングが素晴らしい。街を歩くだけでも十分観光。

街を横断するエイボン川もそこにかかる橋も美しい、そこいらで水鳥たちが戯れている。またのんびりと小舟に乗って川から見る景色も素晴らしい。

街の象徴的な建物の大聖堂。先日の大地震で崩壊したのは記憶に新しく、胸が痛い。

レンタカーを借りて、東南80KMほどのアカロアというところで観光船に乗ろうと山間を走り海までドライブ。山が動いて見える。なんと羊の大群。当時のNZは全体で、人口350万人、ヒツジは6,000万頭とのことだった。今は人口が増え羊がかなり減っているよう。とにかくどこを見ても羊だらけ。

カジノに行ったのは、オークランドとクライストチャーチとクイーンズタウン。

クライストチャーチとクイーンズタウンは本当にローカルの方の社交場って感じ。当時日本人が珍しかったのか。(今もそうかは分かりませんが。笑)結構皆さんしゃべりかけてくれる。お酒を飲みながら雑談して楽しんでいる感じ。

ほんとゆるーい感じ。

一方で、オークランドのカジノは、結構込んでいて雑然としていた。

と言ってますが、観光とアクティビティが凄すぎて、あんまり記憶が無い。勝ち負けもほどんと覚えていない。どこも、ちょっと負け越しかな。。

ニュージーランドのカジノまとめ

オークランド      ▲

クライストチャーチ   ▲

クイーンズタウン    ▲

ほとんど勝ち負けの記憶がないですので大負けもしてないですが、たぶん少し負け越しでしょうね。

 

あ、思い出した、クイーンズタウンのとある峡谷にかかるカワラウ橋?から川面に向かって43mのバンジージャンプをした。初めてのバンジーにしてはなかなかの体験だった。今、調べてみると、1988年に創業した世界で初めてのバンジージャンプだそう。写真を見ると今は立派にRCで作られた建物が併設されている。

当時は、ぼろい小屋で、適当な契約書みたいなのにサインさせられて、手のひらにマジックで体重を書かれて、大した説明もなく、橋の上の突き出しまで連れていかれる。

観客席もあり、見るだけの人も結構いる。手を振ると歓声。結構強引に、カウントダウンされて落とされる。最初の1秒は凄い。あとは超爽快!

ボートで引き揚げられ崖の階段を上ると、観客?観覧?の皆様から歓声が。一躍ヒーロー。ハイタッチしてもらって気分良い。

飛んだらもらえると言われたシャツ。今でも捨てずに取ってある。

レポートとの重複はご容赦ください。